blog_top
税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

18.03.21   
その他
    イノベーションを起こすには?

先週の勉強会の続きです。
お客様を喜ばすために「進歩」と「イノベーション」が必要です。
日本人は圧倒的に進歩は得意ですが、
イノベーションが苦手な人が多いようです。

もちろん進歩は大事ですが、成熟社会の現代においては
イノベーションが求められます。

それではイノベーションを起こすには何が必要なのでしょうか?
それは現在の商品を改良するのではなく、
お客様から見て必要なことを逆算していくことなのだそうです。

例にダイソンのドライヤーの話が出されていました。
ダイソンがドライヤーを開発するのに、現在のドライヤーを改良するのではなく、
「もしドライヤーが無かったら何が不便なのか?」という
着眼点から開発を進めていったようです。

正しい答えを得るには正しい問いかけをすることである。

お客様が何に困っているのか?
これからの社会変化で何に困るのか?
正しい問いかけができる経営者になれるよう日々研鑽です。
またhow(どうやって、戦略)what(何を、商品)を考える経営者は多いですが、
いちばん大切なことは、why(何のために、目的・経営理念)が最も
大切なようです。

これは分かっているようで分かっていない、
又は忘れてしまうところでした。

私たち中京会計は、中小企業が夢と感動の経営の実現ができる社会を作りたい。
そのために経営計画書を作ってもらい夢と数字で未来を描き、
月次決算書で足元を固める必要がある。
だからお客様にはこれらを使ってもらいたいのです。

whyから考えhow、whatを考える。
同友会で学んでいる理念、方針、計画にも繋がることですね。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
3月21日 伊藤圭太

 
最新のブログ記事

過去の記事

pagetop