税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

13.12.05
その他
アイデアの宝庫

毎月1回大阪で開催される勉強会に参加しています。
移動は新幹線です。

毎年この時期は来期の経営計画書づくりに
多くの時間を使っています。
色々なアイデアを書き留めていくのですが
思い浮かぶのは事務所のデスクではありません。

昔からアイデアは「三上(さんじょう)」で生まれると言われています。
三上とは、馬の上と書いて「馬上(ばじょう)」、枕の上と書いて「枕上(ちんじょう)」
最後は厠(かわや)の上とかいて「厠上(しじょう)」これら3つです。

体験から寝る前や起きた後の「枕上」、
トイレの中「厠上」、移動中「馬上」でアイデアが出てきます。
あとはお風呂の中ですかね。

特に移動中の新幹線「馬上」はアイデアの宝庫です。
事務所のデスクなど閉ざされた空間よりも
自由な空間でアイデアが出やすいのだそうです。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
12月5日 伊藤圭太

13.12.04
その他
誕生日

昨日は息子の4歳の誕生日でした。
保育園でもお祝いをしてもらったらしく、
お誕生日おめでとう!と書かれたバッジをつけて
帰ってきていました。

バッジをつけて歩いていると色々な友達から
おめでとうと祝ってもらえるみたいで嬉しそうでした。

4年前にあれだけ小さかった子供が今では大きくなり、
だんだんと風邪も引かないようになってきました。

子供の成長を通じて自分が成長させてもらっていると
よく感じます。
元気に育ってくれれば言うことはありません。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
12月4日 伊藤圭太

13.12.03
その他
バディシップ

週末に息子とカレーハウスcoco壱番屋に行きました。
いつも行くcoco壱番屋は決まっています。
少し遠いのですが店員さんの対応がものすごく良くて
子供連れで入りやすいからです。

今回は息子が眠くなってしまいぐずりだしたので
お店で食べずテイクアウトを選びました。

片手で抱っこしながらお会計を済ませたときに
アルバイトの学生らしき男性が
「片手がふさがっていますのでよろしければお車まで
お運びしましょうか」と言ってくれました。

笑顔で車まで運んでもらいとても助かりました。

マニュアルではないお客様へのお役立ち精神である
バディシップあふれる店員さんでした。
心が温まったので紹介させていただきました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
12月3日 伊藤圭太

13.12.02
その他
今年最後の報告です

週末は愛知中小企業家同友会 東尾張支部の
経営者の集いで報告させていただきました。

テーマは夢と感動の経営を社員と共に。
できる限りの報告を精いっぱいさせていただきました。

ゲストさん向けの例会でした。
懇親会の時に多くの方の入会宣言が出て本当に嬉しかったです。
報告のおかげと皆さん言ってくれますが、
グループディスカッションを含めて全員のフォローが
素晴らしかったからだと思います。

同友会は経営者同士が腹の探り合いをするのではなく、
本音でぶつかり合って、お互いの経営を良くする会です。
周りに経営について本気で叱ってくれる人はいますか?

経営者として大切な本質はみんな同友会から学びました。
一人でも多くの経営者が仲間になることを願っています。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
12月2日 伊藤圭太

13.11.29
その他
会社説明会一日目

昨日は合同企業求人からの会社説明会第一日目を実施しました。
5人の学生さんが遠くから足を運んでくれました。

感じたことは何よりも皆が輝いていたことです。
話を真剣に聴く姿勢、仕事に対する夢と希望、
将来の姿を想像するとワクワクしてきます。

最近の学生はなどとよく言われていますが、
もの凄い可能性を感じます。
何よりこちらが元気をもらうことができます。

これから一次選考・二次選考と続いていきます。
年内に内定を出すため採用活動に全力を注ぎます。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月29日 伊藤圭太

13.11.28
その他
租税教室

昨日は小牧市立小牧原小学校の6年生の租税教室の
授業をさせていただきました。

今年で5年目になりますが毎年大きな気づきがあります。
また純粋な小学生を見ているとどこか忘れていたものを
思い出させてくれますね。

来年4月から消費税が8%にアップします。
消費税が上がるのは嫌だと言っていた小学生も
授業が終わるころには税金の大切さを理解してくれます。

学校があるのも机やいす、教科書もすべて税金で皆が支え合っているから
元気に勉強ができているんですよ、と話します。

少し難しい話である国債の話、少子高齢化の話も真剣に聴いてくれます。
日本の未来を支える子供たちが元気に育ってくれること、
少しでも貢献できるようにやっていきたいと思います。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月28日 伊藤圭太

13.11.27
その他
共育講座修了

昨日は愛知同友会の共育講座の修了式でした。
8か月前から始まったこの講座。
タイトルが「社員と学ぶ共育講座」です。

2回目の参加となる今年は和田悠里子と参加しました。
私の体調不良等もあり欠席もありましたが、
無事に修了証を和田がもらったときは感激しました。
忙しい中、参加してくれてありがとう。

全体を通じての気づきは本質を学ぶことが大事だということ、
理念やビジョンを共有し、一緒になって良い会社作りをするには
経営者と社員が力を合わせることが必要だということです。
経営者一人では何もできません。

風通しの良い会社を作るためにコミュニケーションが必須。
具体的に実践することも決めました。
学び即実践、良い会社作りに向けて日々精進ですね。

 

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月27日 伊藤圭太

13.11.26
その他
安全運転

昨日は運転免許講習に出席しました。
運転について出来がいいので更新時に必要な講習です。

法改正の話から始まっていかに運転することの責任が重いかを
気づくことができました。

言ってみれば車は鉄の便利な塊です。
その鉄の塊を使うのは人間です。
人間の心が運転を左右します。

「だろう運転」から「かもしれない運転」へ。
運転に集中すること、他者を思いやること。
慣れたころが一番危ない、初心忘れず安全運転を心掛ける
良いきっかけになりました。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月26日 伊藤圭太

13.11.25
その他
学びの場

先週末に同友会の増強懇親会に参加しました。
目的は新入会員との懇親を深めるためです。
新入会員の人数は少な目でしたが会員間の交流は深まりました。

やはり例会や室会など形式的な行事だけでは
限界があります。
懇親会での肚を割った話し合いで道が開けることが
多くあります。

経営者である以上、あらゆることにアンテナを立てて
情報をキャッチすること、同友会は経営を良くするには
絶好の学びの場です。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月25日 伊藤圭太

13.11.22
その他
入部しました

小牧商工会議所の青年部に入部しました。
入部オリエンテーションでは先輩部員が
商工会議所及び青年部の歴史や活動内容を
分かりやすく解説してくれました。

また懇親会も開いてくださりました。
何と新入部員は送迎付きです。
おもてなしの心に感激しました。

このように新しく入ってきた人が馴染みやすいようにするのは
大切なことですね。

地域活性化のため微力ですが顔晴っていきたいと思います。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月22日 伊藤圭太

13.11.21
その他
合同企業説明会

昨日は初めて中小企業家同友会の合同企業説明会(秋)
に出展しました。

就職フェアは何度か出展したことがありましたが、
名古屋開催もあってか全く違った雰囲気のなかでの催しでした。

社長に会える合同企業説明会を打ち出し、
同友会会員が20社も集まって各ブースで熱い説明をしていました。
素晴らしい中小企業が20社集まることでの場力を感じました。

またブースに立ち寄ってくれた学生さんも、
皆前向きで明るい子たちばかりでした。
働くということの初心を思い出させてくれます。
企業は人なり、最高の人財を採用できるかと思うと
ワクワクしてきます。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月21日 伊藤圭太

13.11.20
その他
初心忘れるべからず

ここ数日で開業をしたいという方の相談を多く受けます。
皆さん、事業に対して夢や想いがあり、話を聴いていてワクワクします。

また話を聴いていると多くのことに気づきます。
いちばん大きな気づきは自分の開業の頃を思い出すことです。
夢と感動のディズニーランドのような会計事務所をつくりたい。

6年経って忘れてしまっているわけではないのですが、
想いが薄くなっているところもあるかもしれません。

初心忘れるべからず、
気づけば11月23日は創業記念日です。
もう一度創業の原点に思いを戻すのに絶好の日です。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月20日 伊藤圭太

13.11.19
その他
最大最高のメンター

クラブメンターの定例会後の懇親会のときにメンバー全員で
伊藤直樹代表理事の誕生日をサプライズでお祝いしました。

伊藤先生とは出会って1年も経ちませんが、
まさに私の最大最高のメンターです。
最大最高のメンターの定義は
「顔を思い出しただけで元気になる人」。
まさに定義通りのメンターです。

声をかけてもらうと心が温かくなります。
元気が出てきます。できないことは無いような気になります。
伊藤先生のようなメンターになりたいと本気で思っています。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月19日 伊藤圭太

13.11.18
その他
メンタリング概論デビュー

土曜日のクラブメンター定例会で初めての
メンタリング概論の講師デビューを果たしました。

前日から緊張していましたが周りの支えのおかげで
無事に終えることができました。

90分間という貴重な時間をいただいてメンタリングの
概要についてお伝えする大切な講座です。
3ヶ月前の講師養成講座の頃から一緒に学んできた
成瀬さんは自分のことのように心配をしてくれていました。

感想としては無事に終わったという安心感50%
もっと伝えたい、悔しいという気持ち50%です。

聴講者の共感を得て本気を引き出すにはどうすればいいか、
これからも精進し続けていきます。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月18日 伊藤圭太

13.11.15
その他
右腕(No.2)

あいち経営フォーラムの分科会は師勝化成の濱垣社長の報告。
私が同友会に入会した時の尾張東青年同友会の会長です。

テーマは「右腕(No.2)との育ちあい、高めあい
~共に学び合う風土~」

プロジェクトが始まったころのテーマは右腕の育て方、
共に育ちあうというところに、濱垣氏の想いが感じられました。

No.2は誰にでもなれるわけではない、才能が必要。
そして理念に賛同することが大事。
濱垣氏の場合は相談しながらずっと一緒にやってきた仲間がNo.2になった。
No.2はすでにいるもの、仲間づくりが大事。
会社の成長に合わせてそのうち頭角を現す人間が必ず現れると
語気を強く語っていただきました。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月15日 伊藤圭太

 

13.11.14
その他
感動のオンリーワン企業を目指して②

具体的に変わったのは同友会に入り経営計画書を作ったこと。
そして進捗状況を必ずチェックすること。
朝一時間早く来てもらい早朝ミーティングを実施。
計画を立てると計画の数字に不思議と近づいていきます。
6年で売上は約2倍になりました。
ポイントは
①目標を立てる、つまり経営計画書を作ること
②進捗をチェックすること

利益をあげることについてちょっとした罪悪感があったが、
盛和塾で稲盛氏から「そんな少しの利益で環境の変化があったときに
会社を守れるのか!」と叱責されます。
社員の物心両面の幸福のためにも利益を計上し内部蓄積することを
決めたそうです。
親族が役員に入っていますが、社長はじめ社用車は1台もなく、
個人所有の車だそうです。全社員であげた利益を使うのがもったいない
のだそうです。

地球上でいちばん感謝を集める靴メーカーを目指すと十河社長。
大きな気づきと感動をいただきました。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月13日 伊藤圭太

13.11.13
その他
感動のオンリーワン企業を目指して①

第14回あいち経営フォーラムに参加してきました。
年に一度愛知県全体から中小企業経営者が一堂に会する
愛知中小企業家同友会のフォーラムです。

基調講演では香川県から徳武産業の十河社長にお話しいただきました。
タイトルは「感動のオンリーワン企業を目指して」

高齢者施設から転ばない靴を作ってほしいとの相談から
血のにじむような試行錯誤の末に介護靴「あゆみ」を開発。

後継者として会社に入社した当初は社内はぎくしゃくしていましたが、
「お客様のお役にたちたい」という姿勢が社員の中にも浸透してきてから
すべての商品にお客様アンケートと共に手書きの手紙や
誕生日には手書きではがきを送るようになりました。
感動の手紙で会社がいっぱいになったそうです。

すぐにうまくいったわけではなく、入社当初は自分が強引に引っ張る
後継者。やみくもに会社を引っ張るが空回りでうまくいかない。
入社してすぐに社長である義父が死去。
ずっと創業者である義父と張り合っていましたが、住職からの一言で開眼。
「義父と張り合っているうちは上手くいかない。競争しなくても
いいように義父は命がけで事業承継してくれたのですよ。
感謝こそしても張り合うことはない。」
(後半に続く)

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月13日 伊藤圭太

 

13.11.12
その他
忘れられない一日(後半)

今回の講演会の大成功の陰にはスタッフの素晴らしいチームワークと
働きがあります。
皆さんが自分の役割を全うしてくれました。

代表としてフリーというポジションをいただき受付や会場内や控室に
顔を出していましたが、自分のやるべき役割が決まっていないのは
そわそわしますね。

お弁当だけではということで、家から豚汁を鍋ごと野中広美さんが
持ってきてくれました。予想を上回る行動に純粋にすごいなと思いました。

講演会主催に慣れている方から初主催なのにまとまっていてすごい、と
お言葉を頂戴しました。

参加費まで支払って手伝ってくれたスタッフの皆様に感謝申し上げます。
皆様のおかげで大成功することができました。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月12日 伊藤圭太

13.11.11
その他
忘れられない一日(前半)

11月10日忘れられない一日になりました。

今年6月19日に結成した小牧であい隊の初イベントを
小牧市あさひホールにて開催しました。

小牧であい隊は「人生は出逢いで変わる」という思いから
出逢いを通じて小牧の地域活性化を目的とした会です。

初イベントとなる今回は年間300講演を超える講演家である
クロフネカンパニーの中村文昭氏をお招きして話していただきました。
野菜の行商時代に師匠から教えてもらった4つのゴールデンルールの話から
いかに目の前の人に喜ばれるか、人のご縁でどれだけ人生が広がっていくかなど
分かりやすく笑いあり涙ありの講演に会場は大盛り上がり。

また講演会の収益金のすべてを小牧市えほん図書館に63冊の絵本として
寄付させていただきました。
山田久図書館長からは「人との出逢いも絵本との出逢いも大切にして
心豊かに育ってほしい。ありがとうございます。」とお言葉を頂戴しました。

大成功の講演会でした。
(後半に続く)

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月11日 伊藤圭太

13.11.08
その他
関西へ

昨日から1泊2日で関西方面に出張しています。
大阪での古田土会計支援塾で学んだあと、
TKCのニューメンバーズフォーラムに出席するため
京都へ向かいました。

入会してから欠かさずに出席しているこの全国フォーラム。
毎年大きな気づきと学びがあります。
今回は残念ながら懇親会からの出席になりましたが、
志の高い同業者と話をすることで、とても良い
刺激になります。

大阪⇒京都を時間の都合上特急はるかで移動しました。
格好いい電車だったので息子が喜ぶだろうなと想像しながら
移動しました。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
11月8日 伊藤圭太

最新のブログ記事
20.01.22
20.01.08

過去の記事

pagetop