税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

10.08.27
その他
本当の自分

TKCの研修で原点の会に参加してきました。
TKCの創業者である飯塚毅名誉会長の想いを
「会計人の原点」をテキストに千葉県の妙性寺の高橋宗寛和尚が
講師となって勉強する会です。

今回勉強になったのは、「本当の私」ということです。
人は今までの凝り固まった考え方や生活パターン、過去のとらわれ、
自分の立場、エゴなどから、起こる出来事を自分勝手に解釈しています。

しかし、そういったとらわれの心の奥底には、
すべてを超越した本当の自分がいるということです。

例えば、歩道を歩いていた小さな子供が
転んで車道に飛び出しそうになったときに、
何のとわれも無い心で「危ない!ケガするな!!」と思います。
これが本当の自分で、「仏性」というのだそうです。
本当は人間はみんなが幸せでありたいと思うのですが、小さなとらわれや
偏った考えが邪魔をしてそれができない。

仕事の本質も、この能力を授かった以上、世のため人のために
「せずにはおられない」という仏性が根底に無ければいけません。
本当の自分を見つけたうえでの自利利他なのだそうです。

10.08.19
その他
戦争の話を聞いて

お盆で帰省した時に祖母が戦時中の話をしてくれました。
小さい頃(一緒に住んでいたので)に何回も聞いた話だったのですが、
農作業中に飛行機が頭の上を通って行った話や、
夜中に空襲の炎が遠くに見えた話など、
あらためて大人になって聞くと、すごい話だなと思いました。

戦争から65年たってニュースや映画で見るぐらいでしたが、
身近に戦争を経験した人がいてその話を聞くことができるのは
すごく貴重な経験です。

同じ話でも小さい頃に聞くのと、今聞くのでは捉え方が違いますね。
話を聞く側の姿勢・人間力の方が大切だと感じました。

10.08.11
その他
改善のヒントは現場にあり!

毎月、お客様に月次決算書のご説明をしています。
昨日のお客様は初めて社員さんも交えて未来会計図の報告会を
実施しました。

利益は全社員で作るものなので、未来会計図を使って
「どこに手を打てば利益が出るか」を社員一丸となって考えるヒント
にするためです。

そこで月次決算書を説明する前に、
月次決算書の表紙の色がグリーンだとその月は黒字、
月次決算書の表紙の色がピンクだとその月は赤字にしている
(これは東京の古田土先生に教えてもらいました)とお話をしました。

すると社員さんから、
「利益の多さによってもっとたくさんの色があると楽しいですよね!!
 この色を目指そう、となりますね。」と意見をいただきました。

黒字・赤字で分けることで分かりやすくしていたつもりが、
もっともっと工夫できるんだな、とびっくりしました。
商品・サービスをより良いものにするためのお客様の声というのは
常に現場にありますね。

10.08.05
その他
思い込んでいませんか?

先日のセミナー(第3回経営計画工房)の内容をボイスレコーダーに録音しておきました。
自分の話した内容・話し方・間の取り方など客観的に聞き直し、
反省するということはとても大切なことだからです。
本当は自分のセミナーを聞くのはとても恥ずかしいのですが。。。

事務所に戻って聞いてみようと録音したボイスレコーダーを探しましたが、
どこにもありません。
鞄の中をひっくり返して机の引き出しも、車の中も探しましたが、
ありません。。。
セミナー終了後に後片付けでバタバタしていたから、
会場に忘れてきたかもしれない、と思い電話しましたが、ありませんでした。
妻に電話してスーツのポケットを探してもらいましたが、ありません。
結局見つからずに帰宅して妻にこのことを話しました。

そうすると妻が一言、
「筆箱の中とかに入れたんじゃないの?」
「あっっ!!」
そういえば、筆箱の中は見ていなかったと思い、急いで事務所へ戻り
筆箱の中にあるボイスレコーダーを発見しました。

思い込みってこわいですね。ここには無いだろう、あそこに忘れたかもしれない。。。
仕事も長くやっていると豊富な経験から思い込みで判断していることも
出てくるかもしれません。
灯台もと暗しと言いますが、実は身近なところに真実があるのかもしれませんね。
もう一度自分の当たり前を見直してみましょう。いい教訓でした。

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop