税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

11.11.30
その他
法律の専門家

毎週水曜日に社内で希望者に早朝勉強会を実施しています。
理念編としてTKC基本講座をテキストに座学で勉強します。

今回の内容は、税理士の法律家としての側面でした。
税理士法1条にあるように、「独立した公正な立場」から
税理士は法律家としての使命があります。

①納税者の申告に際し保護者としての役割
②税務行政に対して法の監視者としての役割
③侵害行政に対しても権利救済者としての役割
の3つがあると言われています。

会計の専門家としての側面も持ちながら法律家として
税法だけでなく、会社法、民法の知識も必要だと学びました。

11.11.29
その他
常に考える

小牧商工会議所主催の経営セミナーに参加してきました。
講師はあの有名な未来工業の山田相談役。
テレビ等でも紹介されているとおり残業ゼロ、年間休日140日など
他の会社がやらないことをやっています。

理由はほとんどの会社が儲かっていない、
儲かっていないほとんどの会社の逆をやれば、
よそがやっていないことをやれば儲かると考えたのがきっかけ。
よそと違うことをやるのを差別化と言い、常に考えることが大切。

お客様に感動を与えるために常に考え工夫する、
そしてお客様に感動を与えるのは経営者ではなく、社員。
だから社員に喜んで感動して働いてもらえるようにする。
それが日本一働く時間が短い会社ということなんですね。

経営者自身が常に考えることで、それが社風になって
社員が常に考え工夫して、アイデア商品が数千点もあるのだそうです。
山田節の分かりやすい話に感激しました。

11.11.28
その他

もうすぐ2歳になる息子が靴を揃えるようになりました。
綺麗に揃ってはいませんが、家に帰って玄関を開けて靴が
揃っていると嬉しいものです。

森信三先生が言っています。子供の教育は次の3つのことをすればいい。
一、朝起きたら親に挨拶をすること
二、親に呼ばれたら「はい」と返事をすること
三、履物を脱いだら靴を揃えること
そしてできるだけ「~つ」がつくまでにすること。

三つ子の魂百までと言うように小さい頃の習慣は一生の宝と
なります。

家庭教育もさることながら、職場教育もしっかりと行い、
当たり前のことを当たり前にできるように、育てることが肝要ですね。

11.11.24
その他
言葉の大切さ

先日の愛知中小企業家同友会 尾張東青年同友会の11月例会で
言葉の大切さを学びました。

報告の中にリーダーは言葉を上手く使わなくてはいけないとあり、
特に前向きの言葉、プラスの言葉を使い、否定的な言葉や
マイナスの言葉は絶対に使ってはいけないとありました。

言葉は言霊というように、言葉自体がパワーを持っています。
ひとまず、心の中はどうであれ、言葉が変われば行動が変わる、
行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人生が変わる。

まずは、意識的にプラスの言葉を使うこと、実践です!!

11.11.18
その他
TKCニューメンバーズフォーラム2011

一泊二日でTKCニューメンバーズフォーラム2011に参加してきました。
全国の若手税理士が一同に会し、税理士事務所経営について英知を
結集しました。

井の中の蛙じゃないですが、全国には凄い会計人がたくさんいます。
同じ時期にゼロから開業していても、年数が経つと大きく違っています。
色々な話を聴き、また中小企業の黒字経営を支援するという同じ
目的を持った同志としてお互いに切磋琢磨することができました。

何よりも良い話を聞いたで、終わってしまっては意味が無いので
まずは一つ実践をすることを決意しました。

11.11.17
その他
上に立つ者

名南経営のコンサルタント、亀井英孝氏のメルマガを購読しています。
今日の学びと題して毎朝2~3行の文章が送られてきて、気づきを
得ています。

昨日の内容が「言うべきこと」と題して、
自分ができていないことでも、言うべきことは言う。
言われた相手が動くかどうかは自分の日ごろの行動次第。
言うことで自らの態度・行動の変革の機会ともなる。
という内容でした。

私たち経営者は自分ができていなくても言うべきことは
言わなくてはなりません。
どうしても自分もできていないから、目をつぶろうとなってしまいがちですが、
そんな組織に成長はありません。
自分ができていないことでも言うべきことは言う、
そして自分の行動を変えて相手を責めない。
自分が変われば相手も変わる。まずは自分から行動する。
経営者は背中を見せなければならないと気付かされました。

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop