税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

12.05.31
その他
あきらめる

先週土曜日の小牧市倫理法人会の経営者モーニングセミナーで
学んだことです。

内容は個性心理学といって、人間を60種類の個性に分類
(生年月日で分類、昔流行った動物占いを思い出しました)します。
それぞれが生まれ持った個性を持っています。
これを宿命と言います。
しかし人生は宿命だけではなく行動や出会いで変わっていきます。
これが運命です。運命は自分次第でどうにでもなります。

さてその中に「人間関係をあきらめる」という話がありました。
あきらめる、というと悪い意味に聞こえがちですが、
人間関係は、「明るく+認める=明らめる(あきらめる)」のだそうです。
それぞれの個性を受け入れて相手を認めていくことが、
良好な人間関係の第一歩なのだそうです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月31日 伊藤圭太

12.05.30
その他
選ばれる会社になるために

昨夜、尾張東青年同友会の5月例会に参加してきました。
テーマは「選ばれる会社になるために」
~採用から見る指針の必要性~

会社は人財がすべてです。
そのなかでも入り口である「採用」が大切になってきます。
入り口の段階で選ばれる会社になるにはどうすればよいのでしょうか?

㈱キタガワ工芸の北川社長の報告を聴いて、
選ばれる会社とは?についてグループディスカッションを行いました。

明るい・活気がある・楽しそう等々意見が出てきましたが、
「夢やビジョンがある」ことが大事じゃないかということになりました。
私たち中小企業は大企業に比べれば賃金や待遇の面では後れを
取っているかもしれません。
しかし私たち経営者は、将来の夢やビジョンを経営計画書を作り
社員と共有し、一緒に良い会社づくりをしていくことができます。

夢やビジョンを明確にすること(書面にする⇒経営計画書をつくる)
そして、夢やビジョンに共感できる社員を採用し育てること。

とても大切なことを学びました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月30日 伊藤圭太

12.05.29
その他
若さ

先日の愛知県倫理法人会の活力朝礼コンクールを見て
中京会計の朝礼も変わりました。

まず進行が新入社員の竹市拓未君に変わりました。
4月から入社した大卒の新人ですが、本人のブログにも
あるようにお客様や朝礼コンクールの影響を受けたのか、
今までで最高の元気な声で一日目の司会進行を務めてくれました。

進行役だった和田悠里子さんは職場の教養などのリーダーを
久しぶりに務め、社内に良い緊張感をもたらしてくれています。

最近の新入社員は、、、ゆとり世代で、、、
という声を多く聴きますが、そんなことはありません。
柔軟な発想と素直な心、そして若さからあふれる元気を持っています。

ちょうど本日、尾張東青年同友会の5月例会が「採用」を
テーマにひらかれます。
中京会計も来年4月の新卒採用に向けて動いています。
人は人で磨かれ、人が入ることで組織は活性化されます。
「商売は人育て」私たち経営者が確固たる信念を持って
未来を担う”人財”を育てていくことが、
良い会社づくりの大原則です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月29日 伊藤圭太

12.05.28
その他
活力朝礼コンクール

昨日は活力朝礼コンクールに参加してきました。
私の所属する小牧市倫理法人会からは、
㈱ハートスタッフ様が代表で参加されました。

全部で8チームの活力朝礼の実演を見ましたが、
どのチームも本当に素晴らしい内容で感動しました。
声の大きさはもちろん、元気や独創性。
そして一挙手一投足が揃うことで、
チームワークが良くなっていることに気が付きました。

私たちは会社というチームで仕事をしています。
一人の力には限界がありますが、一人一人の力が
同じ方向を向いて合わさったときに想像もできないような
大きな力になります。そこに感動も生まれます。

チームワークを揃えるために、心を揃えるのですが、
形のない心を揃えるのは難しい。
だから形を揃えることで心を揃えます。
形から入って心に至る、ということを実体験できることが
活力朝礼の効用だと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月28日 伊藤圭太

12.05.25
その他
段取り八分

仕事には段取りが重要だと言われます。
仕事の成果は、段取りですべてが決まると言っても
過言ではないでしょう。

特に朝の時間をいかに有効活用するかが焦点となります。
4月から息子が保育園に通い始めたので、
自由に使える朝の時間が減ってしまいました。
息子と一緒に登園することが私の仕事になったからです。

さて息子ですが、毎朝素直に保育園へ行くかというと
そうではありません。
その日の気分によって、行かないと駄々をこねたり。。
急いでいる時に限ってわがままを言います。

ここで段取りが重要になってきます。
昨日よりも1分でも早く準備ができるように段取りする。
・前日にできることはやっておく。
・10分早く準備する。
・歯を磨くと同時に体温を測る
・着替えは先にすませておく 等々
工夫すれば時間を作り出すことができます。
段取りをしておくことで、無駄な時間を減らすことができます。
それが結局のところ、お客様に二度手間を取らせない結果につながり、
喜ばれる要因のひとつになるのです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月25日 伊藤圭太

12.05.24
その他
きっかけは頼まれごと

昨夜はTKC中部統合センターの研修講師を務めさせていただきました。
一年間のスケジュールで、統合センター内の社員さんを対象に
会計事務所の仕事内容やTKCシステムの活用方法について
レクチャーする研修です。

その中にTKCシステムの活用方法をレクチャーする機会が
あります。
私自身が使っていない又は使いきれていないシステムや、
社員は使っているが、私は使っていないシステムもあります。
人にレクチャーをしようと思うと自分自身が
いちばん勉強しなければならない。

頼まれごとは試されごと。これは良い機会をいただけたと
前向きに捉えて、システムの活用についても
もう一度勉強をし直していきたいと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月24日 伊藤圭太

12.05.23
その他
家庭訪問

昨夜は経営計画工房(弊所主催の決算書の読み方セミナー)の
打ち上げをしました。

新入社員の竹市拓未くんの家で焼肉パーティーです。
4月から入社しましたが、家が遠いこともあって
一人暮らしをはじめています。

焼肉パーティーとういのは口実のひとつで、
目的は一人暮らしをはじめてきちんと生活をしているのか、を確認することです。
キッチンを見てみると、しっかりと食事を作っている様子が分かり、
一安心しました。

社会人になってまでも、なぜそこまで、という声も聞こえてきますが、
ご両親から大事な息子さんを預かっている以上、
仕事だけでなく、安定した生活を送ることができる人間に育てる責任が
あるからです。一言でいうと、社長は親、社員は家族だということです。

家に行くことで意外な一面を垣間見ることができて、
改めて採用してよかったと思った一日でした。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月23日 伊藤圭太

12.05.22
その他
個人面談

今月から社員と私の個人面談をはじめました。
今までもリーダー面談はやっていましたが、
一般社員との個人面談は採用面接の時依頼です。

若い社員なので、
①仕事をして良かったことや嬉しかったこと
②辛かったこと③学べたこ④もっと学びたいこと(反省点)
⑤楽しいかどうか
を1時間程度話をしました。

特に印象に残ったのが、
今までにできなかった経験をすることができて楽しい、
毎朝の朝礼でのスピーチのために日ごろから話をする
ネタを探すようになった、という言葉が出てきました。

これらの言葉が出てくるのは成長している証拠です。
同じ話を聴き、同じものを見ても、その人の感受性によって
学びが大きく違います。この感受性を高めていく、
いわゆる自分のアンテナを高くしていくことが、
新入社員にとっての大切なことなのだと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月22日 伊藤圭太

12.05.21
その他
100歳まで元気に生きる方法

先週の金曜日に小牧市倫理法人会の経営者の集いに
出席しました。

講師の先生から「100歳まで元気に生きる方法」と題して
講話をいただきました。

食事についての健康法として、食事の量を減らすと
いうものがありました。

先日から私も朝と夜の二食にしています。
成長期を過ぎた大人にとっては、一日一食で栄養は
十分だそうです。
むしろ習慣で、お腹が空いていない時にも食べていないか?

この方法を実践してから、昼間に眠くならなくなりました。
食事を消化するのはエネルギーを使います。
自分の体でまず実験をしてみて、成果が出れば
報告したいと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月21日 伊藤圭太

12.05.18
その他
感謝

昨日で経営計画工房2012初級編の1stシーズンが終わりました。
全3回の講座でしたが、多くの方にご参加いただきました。
感謝申し上げます。ありがとうございます。

今年になってから人数が大幅に増えてきました。
経営計画書や決算書の重要性や、
数字に強くなることに対する経営者の意識の高さが
よく分かります。時代が変わってきたんだと思います。

お客様をはじめ若い経営者・後継者がまわりに多くいます。
経営者の経営基礎力のアップを目的とした
経営者塾を中京会計5周年記念事業として7月から開催します。
一人でも多くの方にご参加いただき、
経営力の向上の一助になればと願っています。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月18日 伊藤圭太

12.05.17
その他
愛には犠牲が伴う

今朝の勉強会は、社内木鶏会でした。
致知5月号の中から、マザー・テレサの記事が選ばれました。

愛には犠牲が伴う。
余っていたり、捨てようと思っているものを人にあげることは
本当の意味で愛ではありません。愛には犠牲が伴う、
心に痛みを覚えるほどの施しこそ本当の愛だと
マザー・テレサは言うのでした。(致知5月号P27より抜粋)

自己犠牲の愛が本当の愛だと気づきました。
お客様や社員のため、周りの大切な人のために
どれだけ愛を注げているだろうか、
その犠牲と感じることで、相手が喜ぶ、その喜びが即自分の喜び
となるとき、自利利他なのかもしれません。

毎週、心に響く記事ばかりです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月17日 伊藤圭太

12.05.16
その他
社員意識からの脱皮

先日のセミナーで社員意識からの脱皮という話を
させていただきました。

社員意識とは簡単に言うと、
「労働を売って対価を得ていると考えている人」
「給与を手取りの額で考える人」です。

会社が払っている人件費は、およそ給料の2~3倍と言われています。
社会保険料の負担、旅費、厚生費、教育費など多くの経費がかかります。
その経費を賄うためにも売上をきちんとあげられる社員に
なることが脱皮の第一歩です。

給与を手取りで考えている人には、その意識が持てない。
こういった会社の仕組みを教えることも大切な教育です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月16日 伊藤圭太

12.05.15
その他
正しい経営のあり方

お客様から頼まれて社内勉強会の講師をしてきました。
テーマは「正しい経営のあり方」です。

正しい経営とは、PDCAがうまく回っている状態です。
今回はD(実行)ということに重きをおいて話をしました。

社長の仕事は「決定」です。社員の仕事は「実施」です。
社長は「利益」に責任を負い、社員は「実行」に責任を負います。
D(実行)は、しっかりとしたP(計画)があり、
それを素直に実行する社員がいるから、初めてうまく回ります。

社員に「実行しなさい」と言っても、やりません。
人は新しいことをやりたがらないのが、本能だからです。
だから組織は動かないことを前提に仕組みを作ります。
徹底的に実行を命じる。
そしてやったかどうかをしつこいくらいにC(検証)する、
それから次のA(アクション)を起こす。

ここでポイントになってくるのが、幹部社員の力です。
続きはまた次回。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月15日 伊藤圭太

12.05.14
その他
活力朝礼

土曜日の小牧市倫理法人会の経営者モーニングセミナーで
㈱ハートスタッフ。様が活力朝礼の実演をされました。
今月の27日に開催される愛知県倫理法人会の活力朝礼コンクールに
小牧の代表として出場されるので、そのリハーサルです。

前回見させていただいた朝礼から、比べものにならないくらい
洗練されていました。全員が指先まで神経を使い、
お辞儀のタイミングも揃ってきています。
元気のよい活力朝礼に早朝から感動を覚えました。

小牧の代表として優勝を目指して顔晴ってほしいと思います。
当日はうちの事務所も社員総出で応援に行きます。

詳細です↓↓↓

平成24年度 愛知県倫理法人会 朝礼委員会
明るい会社は活力朝礼から
『活力朝礼コンクール』

日時:平成24年5月27日(日)
受付 13:30 開始 14:00〜終了 16:30

会場:ザ・グランドティアラ 名古屋駅前店5F ジャスミンの間

活力朝礼をあなたの会社でも取り入れてみませんか?
活力朝礼で、元気な会社、儲かる会社にしましょう!!

会員・未会員どなたでも入場出来ます。一度ご覧下さい!!

※当日の駐車場利用料は個人負担となります。なるべく公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせは事務局へ 052-799-4286(廣田)

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月14日 伊藤圭太

12.05.11
その他
順境と逆境

致知の勉強会のテーマが順境と逆境でした。
人生には上手くいっているときもあれば、
上手くいかないときもあります。
経営ともなると尚更です。

大切なのは、上手くいっている時に喜び過ぎず、
上手くいっていないときに落ち込み過ぎず。
自分の信念をもって、目の前のことをしっかりとやること。
全力でやりきれば、あとは運を天に任せるだけです。

中江藤樹の言葉です。

順境にいても安んじ、逆境にいても安んじ、常に坦蕩々として苦しめるところなし。
これを真楽というなり。

確固たる自分を創っていきたいものです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月11日 伊藤圭太

12.05.10
その他
環境整備

昨日から職場の環境整備をはじめました。
徹底的に5Sを実行していきます。

まずは整理からです。
毎朝の朝礼の後に30分間時間を作り、徹底的に整理をします。
ポイントは必要不要を決めて、捨てることです。

放っておくと要らない書類や要らないものが
どんどん増えていきます。

最初はキャビネットの整理からはじめました。
驚いたのが、同じファイルがこっちのキャビネットからも出てきて、
あっちのキャビネットからも出てきたことです。

キャビネットに入っているすべてのものを机の上に並べてみると
こんなにも使っていないものがあったのかと、驚きでした。
不要なものを捨てる、まずは第一ステップ完了です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月10日 伊藤圭太

12.05.09
その他
会計人としての資質

今朝の勉強会ではTKCの理念編をテキストにして、
会計人としての資質の勉強をしました。
正直であることや成長力があることなど多くの資質が
出てきましたが、どれにも共通していることがあります。
それは先天的な能力ではなく、後天的な能力である。
つまり努力をすれば後からついてくるものばかりです。

一流のプロ野球選手が人一倍練習をするように、
一流のプロになろうと思ったら、人の何倍も
勉強をしなければなりません。
そこまで徹底してやる人が少ないので、徹底すれば
簡単に成功してしまう。

当たり前のことを当たり前じゃない情熱で
徹底的にやることが大切だと学びました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月9日 伊藤圭太

12.05.08
その他
行動目標の作り方

毎月の月次検討会(第一月曜日に先月の振り返りと
行動目標に対する実行を振り返る会議)の中で
今月の行動目標を決めていきます。

目標はできるだけ具体的に考えなければいけません。
大切なのはPDCAで、チェックをする仕組みを作ること。
チェックするためにも行動目標は数字で測れることが
絶対条件です。

一生懸命がんばる。○○さんの役に立つ。
などの目標は個人の主観が入ってしまいます。
数字で測ることができるから、達成したかどうかを
客観的に知ることができます。

数字を作るのが経営者の仕事です。
部下の数字を変えるのが経営幹部の仕事です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月8日 伊藤圭太

12.05.07
その他
予測を上回る仕事

GWの出来事です。休みなので家にいるとチャイムが鳴りました。
いつもの郵便屋さんが立っていて書留を届けてくださいました。
顔見知りなので、「今日はお休みなんですね、お休みだと思ったので」と、
なんと事務所あての郵便物を、わざわざ自宅まで届けてくださいました。
書留だったので早めに確認できたことで、とても助かりました。

誰にでもできることを誰にでもできない情熱でやるのが仕事、
相手の予測を上回るから、そこに感動がある。

郵便屋さんの温かい心遣いに感動した昼下がりでした。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月7日 伊藤圭太

12.05.02
その他
「休み」の意味

いよいよ明日からGWに入ります。
会計事務所は3月決算などで5月は少し忙しく、
長期の休みは歓迎できません。

年末年始も年末調整があるので、
長期の休みとなると。。。

独立してから3連休以上あると体の調子が狂います。
以前、師匠に「休み」について教えていただきました。

日本人にはもともと決まった休みの日という感覚が無い。
それは農耕民族だからで、農作物や家畜は毎日手がかかるからです。
その代わりに雨が降ったら休みだったりします。
それに休むという文字は、人が木によりかかって一息ついている状態。
ほんの一息ついた時が休みなのです。

狩猟民族の欧米では、休みの日を決めておかないと、
狩りをし過ぎて森に動物がいなくなってしまうので、
週に一回休みの日を決めたのだそうです。

そう考えてみると、会計事務所は農耕民族です。
お客様から呼ばれれば仕事ですし、呼ばれていない時は
休みという感覚でしょうか。
いずれにせよ、中京会計では長期休暇は、
たまった仕事を片付ける日、勉強する日、
普段できないことに挑戦する日、リフレッシュする日
と定義づけています。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月2日 伊藤圭太

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop