税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

12.06.30
その他
長期ビジョンを考える

先日の尾張東青年同友会の例会での学びです。
報告者の会員が自分が引退するときまでの
ビジョンを考えていると報告がありました。

1年後や5年、10年のビジョンはあるのですが、
そこまでの長期ビジョンを考えたことはありませんでした。

長期ビジョンで考えるからこそ、
できることもあると思います。

学び即行動実践!
長期ビジョンに挑戦です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月29日 伊藤圭太

12.06.28
その他
いちばん辛いのは

仕事が集中すると忙しくなってきます。
忙しいとは、心を亡くすと書きます。
できれば忙しいではなく、活躍していると言い換えるようにしています。

4月から共働きになり、妻の仕事も始まりました。
妻は今の時期が繁忙期で忙しくしています。
私も夜の会合が多く忙しくしています。
お恥ずかしい話ですがお互いが忙しく喧嘩になることもあります。

昨日ある飲食店の経営者からはっとする一言をいただきました。
その方も小さい子供がいて、お店を開業したばかり、
奥さまも働いていて忙しくしています。
その奥さまの一言です。
「お店を開業して一番大変な思いをしているのは誰なのか?
答えは子供だ。小さな体で泣いているのに私たちは仕事優先・・・
私たちの辛さは子供のそれに比べれば軽い」

はっとしました。自分だけが忙しい気になっていて、
いちばん大切なことを忘れていました。
家庭では親が子供を守る、すべての責任は親にあります。
会社では社長が社員を守る、すべての責任は社長にあります。
広い視野で物事を考えられるようにしていきます。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月28日 伊藤圭太

12.06.27
その他
金魚は鯉になるか

前回出席したセミナーの副題に気になるフレーズがありました。
「金魚は鯉になるか」というフレーズです。

屋台にある金魚すくいの金魚を
金魚鉢に入れておくとそのまま育ちます。
金魚鉢から大きな水槽に移すとどうなるか、
水槽に合わせて大きくなるのだそうです。

会社も同じことが言えるかもしれません。
事務所の大きさに合った人数になる。
事務所を大きくすれば、それに見合った人数に
なってくる。
まずは経営者としての器を大きくしないといけませんが、
金魚から鯉になれるように日々精進です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月27日 伊藤圭太

12.06.26
その他
餅は餅屋

昨日弊社の就業規則の見直しの打ち合わせを
社労士の先生と行いました。

以前からメールをいただいていたのですが、
内容を読んでもさっぱり。。。
法律用語が多すぎて理解と納得ができませんでした。

直接会って話を聴いてみると分かりやすく説明していただき、
すっきりしました。

同じことが私たち会計人の仕事にも言えるのだと思います。
餅は餅屋に、財務は会計事務所に。
専門家として分かりやすい納得のいく説明をする能力が
必要ですね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月26日 伊藤圭太

12.06.25
その他
激変の時代を乗り越える「人育て」

中小企業家同友会の第3回共育講座に
幹部社員と参加してきました。

テーマが激変の時代を乗り越える「人育て」です。
報告者は㈱高瀬金型 代表取締役 高瀬喜照氏でした。
報告の中で自社がやっている仕事に誇りを持つこと、
そして誇りを持つことから技術力が高まっていき、
より誇りを持てるようになるプラスのスパイラルになると
話されていました。
また大切なのは皆で協力してやっていくこと、経営者は
社員にチャンスを与えて受け入れる心が大事とありました。

グループディスカッションでは激変の時代に一人一人が
育ちあうためにどうしていくかを話し合いました。
他社の社員さんの話を聴いていると、皆が激変の時代を
肌で感じて危機感を持っています。
現場ならではの意見もあることに気づきました。

これからの時代は経営者一人の考えでは対応できないくらい
早いスピードで変化していきます。
社員全員の色々な目から見ながら情報を共有し、
それをぶつけ合うミーティングの場が必要だと感じました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月25日 伊藤圭太

12.06.22
その他
お客様に喜ばれる工夫をする

TKCのセミナーに参加してきました。
東京の会計事務所の先生の発表なのですが、
お客様に喜ばれる工夫をしており、たくさん学んできました。

例えばお客様にお茶を出すときにおしぼりを出す、
年賀状の代わりにクリスマスカードを出す、などです。
ちょっと工夫をするとお客様に喜ばれ印象に残るように
なります。

また決算書を納品するときの順番も申告した順番ではなくて、
お客様や金融機関が見やすい順番で製本をするなど、
お客様から見て分かりやすいか、喜ばれるかという視点で
仕事をすることの大切さを学びました。
即実践行動です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月22日 伊藤圭太

12.06.21
その他
第一回おっとせい塾

昨晩私の所属する尾張東青年同友会主催の
おっとせい塾の第一回が開催されました。
不肖ながら私が講師として決算書の読み方を
2時間お話しさせていただきました。

通常のセミナーとの違いは、皆が自社の決算書を
持ってきて、その数字を使って財務分析を行う
演習の時間を作ったことです。

サンプルの数字と違い、数字にリアリティーがあるので
真剣に取り組みます。
お互いが教えあうような場面もあり、あっという間に
2時間が過ぎてしまいました。
新しい勉強会の開催方法を学びました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月21日 伊藤圭太

12.06.20
その他
経営計画発表会に参加して

昨日お客様の経営計画発表会に招かれて参加をしてきました。
今年で2回目の開催となる発表会ですが、
昨年を上回る盛り上がりを見せてくれました。

社長が熱い思いや夢を語り、社員が目標に向かって
一丸となって実行する。

本当に皆で支えあって成長していくんだという
チームワークを感じる発表会でした。

このようなお客様のお役に立てることが
私たち会計人の幸せです。
共に成長していきたいと思いを新たにしました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月20日 伊藤圭太

12.06.19
その他
合宿

お客様の合宿で講師を務めさせていただきました。
テーマは「実践型目標達成の方法」。
数字をもとに全社員が一丸となってどのように
目標を達成していくのか、空論ではなく
会社の数字を使って実戦形式で行いました。

会社の数字を見ながら目標を作っていくと、
社員全員が身近に感じ、達成しなければいけない目標が
明確になります。

あとはそれをどのように具体的な行動に起こしていくかを
考える。
そして日々の目標に対して行動目標を立てる。
行動目標も必ず数字であらわす必要があります。
営業がんばります、ではなくて、○社訪問します。

数字の目標に対して、できたかできなかったか、
次からどうするのかを検証し、明日への行動に落とし込む。
この繰り返しが少しずつ大きな波となり、
会社が進むべき方向へ進んでいくのです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月19日 伊藤圭太

12.06.18
その他
棒高跳びにバーが無かったら

土曜日の小牧市倫理法人会モーニングセミナーでの学びです。
棒高跳びにバーが無かったら人間はあれだけ高くは
跳べないそうです。
バーを何とか超えようと一生懸命練習して体を鍛え
技術を磨き努力する。その結果としてバーが1㎝2㎝と
高くなっていって記録が出るのだそうです。

要するに目標設定が大切だということです。
人間は目標を持つと達成しようと知恵が湧いてきます。
目標を持たずにただ頑張ろうだけで成長はできません。
目標を持つと目が変わってきます。何とか目標を達成しようと
脳がフル回転をはじめます。

まずは高い目標を掲げること、本日の学びです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月18日 伊藤圭太

12.06.15
その他
人財と人在(材)と人罪

先日カレーハウスココ壱番屋創業者の宗次徳二さまの
講演を聴きに行ってきました。

その話の中に人財と人在(材)と人罪の話が出てきました。
よくパレートの法則(2:8)というのがあります。
同じようなことで、会社の中には三種類の社員がいます。
言われた以上のことをしてくれる会社にとって必要な人財が2割
言われたことはやる人在(材)が6割
言われたこともできない人罪が2割

人は良い話を聴いてもいざ実行に移す人は2割です。
その中から継続できる人がさらに2割。
だからやるぞと決めた誰にでもできる当たり前のことを
やり続けるだけで目立ってします。
それは大多数の8割の人がやらないからです。

どういう人生を送りたいか。
それを決めるのは他の誰でもない自分自身です。
早朝から良い気づきをいただきました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月15日 伊藤圭太

12.06.14
その他
会社のビジョンを共有する

あなたの会社は何を売っていますか?
会計事務所は何を売っていますか?
うちの会計事務所は何を売っているのでしょうか?
強みは?お客様は何を求めているのか?

先日の月次検討会議でこんな話になりました。
いつもだと私が一方的にトップダウンで話をしてしまうのですが、
今回は席を外してみました。

社員3人でああでもない、こうでもないと話し合っていましたが、
経営計画書と月次決算という道具を使って、
私たちは中小企業経営者に夢と感動と元気を売っているんだね、
と話していました。
会社の思いと社員の思いの共有ができています。
とても嬉しくなりました。

学んだことはビジョンを共有し伝え続けることの大切さ、
トップが出ない話し合いこそ価値がある、ということです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月14日 伊藤圭太

12.06.13
その他
相手の立場に立ってみる

4月から妻も仕事復帰したので共働きになりました。
普段は朝は私が保育園に送っていき、
帰りは妻が迎えに行ってから、
食事・風呂・寝かしつけと一人でやってくれています。
寝静まった頃に帰宅後、私が食事の後片付けと洗濯を干しています。

夜遅くに帰って片付けや洗濯をするのは大変な時もあるので
やっておいてほしいな、と思うことがありました。

ところが先日、妻の仕事が遅くなる時があり、
普段と逆の役割になる日がありました。

実際に自分がやってみると、一人で迎えに行って
食事を食べさせて風呂に入れて寝かしつける、
とても大変です。とてもじゃないですが、後片付けや
洗濯をする時間はありませんでした。
妻も同じで遅くまで仕事をしてから、後片付けや洗濯を
するのが大変だったそうです。

お互いに相手の仕事が良かったり、楽に見えたりしますが、
実際にやってみるとお互いの大変さが良くわかりました。
妻の日ごろの家事と育児に感謝です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月13日 伊藤圭太

12.06.12
その他
TKCニューメンバーズ一泊研修in下呂

日曜日・月曜日とTKCのニューメンバーズで
下呂温泉の山形屋で一泊の研修を行いました。

先輩会員の話を聴くことはもちろん勉強になるのですが、
同じような境遇の税理士の話を聴いたり、議論をすることも
大きな気づきがあります。
報告者が私と同じ時期に独立開業をされた税理士で
事務所規模もやっていることもとても似通っています。

テクニックやノウハウもさることながら、
税理士としての熱い思いや社員に対する愛情、
そして人を育てること等々夜通し話は尽きませんでした。

時を忘れて熱い議論をする仲間が同業者でいる、
良い意味でライバル関係になってお互いに切磋琢磨する、
とても貴重な二日間でした。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月12日 伊藤圭太

12.06.11
その他
会社を元気にする3つの秘密②

第二部は「社員を育てるハッピートークトレーニング」と題して
有限会社フロム・サーティーの池崎晴美先生にお話しいただきました。

池崎先生の提唱するハッピートークトレーニングとは、
脳と言葉と行動・体を使って会社を社員を元気にすることです。
社員を元気にするのは社長の仕事です。

具体的には
【脳】朝一番が効果的なので声を出してコミュニケーションをとる
【言葉】言葉は4つの引き出しが脳にあり、一番上の引き出しからでてくる。
    常にプラスの言葉や良い言葉を使う習慣を作ることで、
    一番上の引き出しにプラスの言葉が集まるという良い習慣が身につく。
【行動・体】 行動宣言をすることで実践に移す。

私の行動宣言は、朝一番で大切な社員を褒める ことです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月11日 伊藤圭太

12.06.08
その他
会社を元気にする3つの秘密①

東春信用金庫さんの勉強会である
りんどう経営研究会の定例会に参加してきました。

講演テーマは「会社を元気にする3つの秘密」です。
第一部として日本ハグ協会の高木さと子先生に
存在だけで語れるメンターになろうと題してお話をいただきました。

ハグ+コミュニケーション=ハグニケーションということで
メディア・雑誌でもひっぱりだこの高木先生。

リーダーの仕事は人をやる気にさせることです。
その3つの秘密として
①コミュニケーション力・・・聴く、伝える
②愛の力・・・信頼、支援
③存在の力・・・見本
とにかくリーダーが皆の見本となるために成長し続けなければ
ならないということです。

また目の前の大切な人を受け止めること、
まずは自分の心をコントロールすること、
困難が人を輝かせることを教えていただきました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月8日 伊藤圭太

12.06.07
その他
飲みニケーション

今年一年TKC中部統合センターの講師をさせていただいています。
早い段階でTKC中部統合センター社員との懇親をするため、
懇親会をひらいていただきました。

研修のときは緊張もあってか皆さん表情が硬かったのですが、
懇親会で雰囲気が一変。
笑顔が絶えない明るい雰囲気でとても楽しいひと時を
過ごすことができました。
お互いの距離感もぐっと縮まったと感じました。

食を共にすることの効用は大きいです。。
いわゆる「飲みニケーション」というものです。
最近は個々の時代だとか言われますが、
同じ思いで仕事をする仲間同士の
飲みニケーションには、大きな効用があります。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月7日 伊藤圭太

12.06.06
その他
ご縁

ずっと行きたかった鎌倉太郎茶屋さんに行ってきました。
以前、商工会議所で顔を合わせてからお店に行こうと
思っていながら中々行くことができていませんでした。

先週末Facebookで共通の友達を通して友達になったことが
きっかけで、今回のご縁となりました。

今までに食べたことがないような、もっちりとした
わらび餅です。
偶然のご縁に感謝し、このご縁を大切にしていきたいと
思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月6日 伊藤圭太

12.06.05
その他
きっかけは何であれ

昨日TKC中部統合センターの社員向けセミナーの
講師を務めさせていただきました。

テーマは「巡回監査の意義と目的」です。
巡回監査支援システムの活用方法を学ぶ内容が
含まれていました。

弊所では巡回監査支援システムを使ったことがなく、
講師をしなければならないので、そのために初めて
自信で使ってみました。
実際に使ってみると、とても便利なシステムです。

巡回監査をシステム化することで、
①業務の標準化
②効率化
③社員教育
をすることができます。

思わぬところから収穫がありました。
何事もまずはやってみなければわからない、という
良い経験になりました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月5日 伊藤圭太

12.06.04
その他
失敗から学ぶこと

6月2日(土)早朝より小牧市倫理法人会で
経営者100人モーニングセミナーを企画・開催しました。

多くの方にご協力とご参加をいただき、盛会に終わりましたが、
目標の100人には達成することができませんでした。

経営者である以上掲げた目標に対して必ず結果を
検証し反省し、責任を取らなければなりません。

反省点は自分自身は多くの方にお声掛けをして
多くのゲストさんに来ていただきました。
しかし他の役員さんにゲストさんを呼んでいただくように
お願いをすることが徹底できていませんでした。

物事を成就するにあたり、多くの人に協力をしてもらえるように
動くことは経営者として必要なことです。自分一人の力は
小さいからです。
その多くの人に協力を仰ぐことが今回はできていなかった。
当然会社でも同じことが起きている、と講師の先生を
お送りする車の中で指摘を受けました。

日々修行です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月4日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.10.09

過去の記事

pagetop