税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

12.07.31
その他
毎年の旅行

名南時代のOBの税理士の先生方と
木曽御岳へ旅行に行ってきました。

標高が高いということもあり、
名古屋よりは涼しく過ごすことができました。

この旅行も数えると6回目ぐらいになります。
ゴルフもするのですが、どちらかと言えば
旅行がメインです。

たまにはゆっくりすることから、
仕事のアイデアも出てきます。
休んだり、リフレッシュをするのは
よりよい仕事をするためだからです。

今日で7月も終わりです。
8月からも気合を入れて顔晴りましょう!

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月31日 伊藤圭太

12.07.30
その他
小牧平成夏まつり

小牧市では毎年この時期に平成夏まつりが
開催されます。
今年は息子と一緒に市民会館の近くで
山車を見ることにしました。

全部で17チームが市民会館からメロディパークまで
踊りながら、工夫を凝らした山車と一緒に進んでいきます。

知り合いの方も多く参加されており、時折声をかけられます。
また弊所のある桜井地区からも山車が出ていました。
そういえば事務所の近くにある社務所から
夜遅くに音楽が流れてきていました。
踊りの練習だったと気づきました。

地域と共に歩む中小企業を目指すなら
こういったことから地域と一緒に盛り上がることが
大切ですね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月30日 伊藤圭太

12.07.27
その他
捨て伸ばシート

先日のスキルアップアカデミーの中での学びです。
ドラッガーの言葉で、
「成果を得るために強みを活かす」と学びました。
大切なことは、
強みを伸ばすことと、過去の強みだったことを「捨てる」
ことだそうです。

捨てることをいつまでに何を捨てる(やめる)かを
捨てるシートに記入します。
伸ばすことをいつまでに何を伸ばす(新しくはじめる)かを
伸ばすシートに記入します。

常にやることと、捨てることを決断することが経営者の仕事です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月27日 伊藤圭太

12.07.26
その他
夏祭り

息子の保育園の夏祭りに参加してきました。
炎天下の園庭に小中学生の有志の子たちが
踊りを披露してくれました。
踊りも終わりがけに近づいたころ、
小牧名物の小牧コーチンの着ぐるみが
登場しました。

暑い中で大きな着ぐるみを着て
踊ってくれて子供たちは大喜びでした。
見ているこっちが暑くなってきましたが、
大変な仕事だなと思います。

エアコンの効いた室内で仕事をしていて
暑いと文句を言っていてはいけませんね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月26日 伊藤圭太

12.07.25
その他
スキルアップアカデミー

名古屋第4青年同友会が主催するスキルアップアカデミーという
有志の勉強会に参加してきました。

参加する理由は尾張東青年同友会でも今年から
おっとせい塾という有志の勉強会を開催しているので
その見学です。

内容は営業戦略ということで、
いかに自社の売上・利益を上げるかというものでした。

勉強会に参加すると思うのですが、
セミナー時間中のワークショップはすごく
充実した時間になります。

普段は一人で考える時間を作ろうと思っても
目の前の仕事に忙殺されて作れないことが多いのですが、
セミナーに参加すれば時間を作ることができます。

おっとせい塾の参考にもなりましたし、
弊所主催の経営者塾の参考にもなりました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月25日 伊藤圭太

12.07.24
その他

名古屋駅に行く用事があったので、久しぶりに
地下街の靴屋さんへ行きました。

就職した8年前に初めて自分で革靴を買いました。
底を2回ほど直していますが、今でも履いています。
物も生きている、大事に使えばその持ち主のために喜んで働く、
と万人幸福の栞に書いてあります。

ビジネスマンにとっては毎日履くのが靴です。
暑いときも寒いときも足元を支えてくれています。
物に感謝をして、大切に使い続けていきたいです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月24日 伊藤圭太

12.07.23
その他
教えることは学ぶこと

愛知中小企業家同友会の経営指針講座に参加しました。
今回は助言者ということで、方針編のリーダー役を
務めさせていただきました。

学ぼうと思った時に、一番いい方法は教えることです。
教えようと思えばきちんと準備をしなくてはいけない。
限られた時間の中で学んでもらうために、精一杯準備をする。
準備をする中で結果として教える側が一番の学びになります。

百聞は一見にしかず。
百の学びも一の教えるにはかなわない、です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月23日 伊藤圭太

12.07.20
その他
頼まれごとは試されごと

頼まれごとは試されごと、
返事は0.2秒で「はい」か「YES」をモットーにしています。
頼まれるということは頼む人から期待をされているということです。
最近頼まれごとが多くなってきました。ありがたいことです。
頼まれた人の予測を上回る、
この初心を忘れずに日々精進します。

明日から同友会の指針講座の道場編に参加してきます。
頼まれたからには予想を上回るようにします!

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月20日 伊藤圭太

12.07.19
その他
室会での学び

昨夜は尾張東青年同友会の小島室7月室会でした。
会社発表や近況報告の学びも大きいのですが、
小島室では大先輩が隔月で経営指針についてレクチャーを
してくれます。

雲の上の存在のような方なのですが、
気さくに話しかけてくれ、とても分かりやすく説明をしてくれます。
会員同士学び合う、という同友会の良さですね。

中でも経営指針の話に大きな学びがありました。
経営指針は、「経営理念」「経営方針」「経営計画」の
3つから成り立ち、同友会では経営理念から作るのが
セオリーになっています。
ただ経営理念から作ろうとすると中々一歩を踏み出せないこともあって、
経営指針の作成が進まない状況もあります。
それだったら、初めての時はどこから作ってもいいということを
学びました。
今期の目標売上から、方針や理念ができてもいいのだと思います。

私の尊敬する故一倉定先生も、経営理念がなくても計画から
作れば大丈夫だと言っています。
事業に没頭すれば経営理念は自然とできてくると。

色々な考えがありますが、それぞれを学んだうえで、
自分で決めればいいのだと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月19日 伊藤圭太

12.07.18
その他
ご縁

お世話になっているお客様から○○さんを知っていますか?
と連絡がありました。
その○○さんは、TKCの社員の方で私がTKCに入会する
きっかけを作ってくださった方です。私と同じ小牧市出身で
小牧南高校の先輩でした。

「もちろん知っていますよ。なぜですか?」と
おたずねしたところ、実はそのお客様はそのTKCの社員さんと
小学校・中学校の同級生でとても仲が良かったとのことです。
Facebookで共通の友達だったことから、今回の再会につながった
そうです。すごく喜んでいました。
ご縁って不思議ですね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月18日 伊藤圭太

12.07.17
その他
週末の習慣

3連休のうち2日間は妻が仕事だったこともあり、
2歳の息子と二人で過ごしました。

週末の恒例行事で、近くのスーパーへ行って、
機関車トーマスのガチャガチャを買っています。
習慣とは恐ろしいもので毎週末に購入し続けて
早3か月が過ぎようとしています。
私たちの時代は100円だったのですが、今は200円もします。
家には機関車やレールがどんどん増えていきます。

毎週何が出たかをfacebookにアップしているのですが、
先週アップし忘れたところ、多くの方から「今週は?」
との声をいただきました。
気にかけていてくださり、感謝です。

息子も楽しみにしているので週末の父子の小さな楽しみの一つになっています。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月17日 伊藤圭太

12.07.13
その他
初心忘れるべからず

今朝の朝礼で竹市拓未くんが、
初心を忘れないという話をしてくれました。
早朝から私自身大きな気づきがありました。
仕事に慣れてきたり、毎日の仕事に追われてくると
初心を忘れやすくなってしまいます。
「何のためにこの仕事をしているのか」
「仕事を始めたときの思い」
こういった初心を忘れないように、
日々新たに進んでいきたいと思いました。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月13日 伊藤圭太

12.07.12
その他
議長としての手腕

昨夜は尾張東青年同友会の地区役員会がありました。
普段でも盛りだくさんの議論なのですが、
今回は報告内容や討議事項が多く2時間を超える会議になりました。

それでも議長の河野さんの手腕で、
予定時間を5分ほどオーバーしただけで終わりました。
役員会資料のフォーマットを統一したり、
データの提出にドロップボックスを使ったり、
各報告事項を点数でつけたりと大いに学ぶべきところがあります。

身近にいる素晴らしい先輩会員に触れることで
役員としての役得を感じます。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月12日 伊藤圭太

12.07.11
その他
ボーリング大会

昨夜、中京会計とTKC名古屋SCGセンター、
TKC中部統合センターの合同でボーリング大会を開催しました。

きっかけは、TKC社員の方が弊所の朝礼でボーリング大会に対する
熱い思いを語ったことからです。
3年ぶりぐらいのボーリングでしたが、
全力で楽しむことができました。
参加してくださった皆様、ありがとうございます。

また今回は会場の手配や景品の準備、当日の運営を
一年生の竹市拓未に任せました。
しっかりと準備してくれ、参加される皆様に喜ばれようと
いう姿勢がとても伝わってきました。
時間のない中の準備ありがとう!

また2回目以降も開催してほしい、という声が聞こえてきたので
とても嬉しく思っています。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月11日 伊藤圭太

12.07.10
その他
愛知中小企業家同友会創立50周年記念式典

同友会の50周年記念式典に参加してきました。
総勢1000名近い経営者がウェスティンナゴヤキャッスルに
集まりました。

中小企業家同友会は「人を大切にする経営」を
目指しています。
企業は人なり、とよく言われますが、この人とは社員のことではなく、
経営者のことです。
会社を良くしようと思ったら、まずは経営者が良くならなければなりません。
経営者が良くなり、社員が良くなり、結果として会社が良くなる。
経営者が良くなる最強のツールが経営指針(経営計画書)なのです。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月10日 伊藤圭太

12.07.09
その他
明朗の実践

小牧市倫理法人会のモーニングセミナーで学んだことです。
明朗は天性です。誰もが持っています。
でもその天性である明朗を曇らせてしまうのは、
恐れや悲しみ、寂しさ、心配、不安のような一時的感情です。
これらの感情は9割が妄想なのだそうです。
起きてもいないことを恐れて不安になる等々

そして一次的感情の次に起こるのが二次的感情です。
具体的には、怒り、ねたみ、不足不満、不機嫌、焦り、
憎しみ、恨みなどです。

怒りを感じたときに、時間をおいてからなぜ二次的感情である
怒りを感じたのか、振り返ってみてはいかがでしょうか?
一次的感情の恐れを感じて、怒りを感じていることが多いそうです。
冷静に自分自身を分析してみるといいのかもしれません。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月9日 伊藤圭太

12.07.06
その他
第一回経営者塾が終わりました

昨夜第一回の経営者塾が終了しました。
足元の悪い中、総勢16名の方にご参加いただき、
誠にありがとうございます。

社長の行動が未来を変えるというテーマのもと、
参加された方が将来に夢と希望を持ち、
元気になって帰ってもらうことを目的に行いました。

他社の事例や中京会計の事例を交えながら、
多くの気づきを得て、何か持ち帰っていただければと
願っています。

なお欠席された方や第二回から参加したいという方は
当日のDVDをお送りいたしますので、ご一報ください。
お問合せ:0568-76-9902(担当:竹市)

2回目以降もお会いできることを楽しみにしています。
宜しくお願いいたします。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月6日 伊藤圭太

12.07.05
その他
経営助言

TKC統合セミナーで講師をしてきました。
今回の内容は「経営助言」です。

経営助言というとコンサルタントのような難しい
イメージがありますが、会計事務所の行う経営助言は、
数字を解説しながら、巡回監査で気づいた会社のことや
経営者の悩みを聞きながら、気づきを与えることです。

先日社員の竹市拓未をお客様のところに同行させました。
私が2時間程度月次決算の話をして感想を聴くと
「僕でもできそうな気がしてきました」と
とても嬉しいことを言ってくれました。

あくまでも数字に基づいて経営者の思いを
引き出し気づきを与える、難しい専門知識を
伝えるのではなく、この基本に徹することが
肝要だと思います。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月5日 伊藤圭太

12.07.04
その他
驚きのうなづきの効果

以前にうなづいて話をすることが効果的だという話を
書いたことがあります。

徹底的にうなづくことで差別化ができます。
いちばん前の席で笑顔で大きくうなづく。
そうすると講師の先生に覚えてもらえます。
後日講師の先生から、
「笑顔でうなづいてくれてありがとうございます。」
とメールが来ました。
また他の受講生の方からのお礼状に、
うなづいている姿が素晴らしかったです、と書いてあります。
自分でも驚くぐらいのうなづきの効果です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月4日 伊藤圭太

12.07.03
その他
値決めは経営

値決めは経営、京セラの稲盛会長の言葉です。
中小企業において値決めは重要です。
いちばん商品価値を分かっている経営者が決めるべきです。

経営者は1円でも安く買って、
1円でも高く売る努力をして利益を稼ぎます。
利益は社員の生活を守るコストであり、
事業存続のためのコストだからです。

昨夜食事会の場所を決めていた社員から相談がありました。
会費が3,500円だったらこのお店に決めるんですけど、
HPだと4,000円からのコースになっているんです。。。

すぐにお店に電話をして何とか3,500円でコースにしてもらえないか
交渉してOKをしてもらいました。
身近な値決めの事例です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月3日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.11.27
19.11.20
19.11.06

過去の記事

pagetop