税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

13.07.31
その他
圧倒的な人間力

昨夜は尾張東青年同友会の7月例会に参加しました。
報告者はパル・ネットワークの味岡社長。
三河から報告に来てくださいました。

圧倒されたのが味岡社長の大きな人間力。
社員さんや周囲の人を思いやる気持ちは
過去の苦労された経験からくるもので言葉の重みが違います。

また遠く三河の会員がたくさんオブザーバーで
来てくださいました。
これも味岡社長の人間力ですね。

学んだことは即実践。
自分の器の小ささを感じました。
人は人で磨かれる。同友会にはそんな仲間がいっぱいです。
日々勉強です。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月31日 伊藤圭太

13.07.30
その他
お別れ

日曜日に息子と二人で小牧山へ行きました。
目的は増えすぎたカブトムシを自然に返して
あげるためです。

少し奥の方まで歩いていって、そっと木に
つかまらせて離しました。
「元気に過ごしてね!」

卵から幼虫、蛹と成長を見てきたので、
少しさみしい気もしましたが、
広い自然の中で自由に飛び回れた方が
カブトムシにとっては幸せかもしれませんね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月30日 伊藤圭太

13.07.29
その他
アイデアが湧く場所

アイデアはふとしたときに湧き上がるものですね。
よく言われるのが考え事をするもっとも適した場所である
三上(さんじょう)といわれる場所です。

馬の上と書いて「馬上(ばじょう)」、
それから枕の上と書いて「枕上(ちんじょう)」、
最後は厠(かわや)の上とかいて「厠上(しじょう)」、
これら3つを合わせたものの事です。

今回は採用について面白いアイデアを思いつきました。
それもトイレの中で(笑)

アイデアを思いついたら必ずすることがあります。
それは人に話してみることです。
その日のうちに出会った人に話してみました。
驚くことに似たようなことをすでにやっていたり、
自分自身も気づいていなかったようなことを
教えてもらえたりします。ますます楽しみになってきます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月29日 伊藤圭太

13.07.26
その他
夏バテには

本当に暑い日が続きますね。
夏バテ気味の私はお客様のお店で鰻をご馳走になりました。
土用の丑も終わったので少し落ち着いたところでした。

暑さのため食欲もなくなりがちですが、しっかりとした
食事・休息・睡眠による体調管理が大事ですね。

一説によると土用の丑は発明家の平賀源内が
商売がうまくいかない鰻屋が夏に売れない鰻を売るために
「本日丑の日」と店先に貼って大繁盛。
そこから土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したのだそうです。

他にも丑の日に「う」の字がつくものを食べると夏負けしない
という風習もあるのだそうです。
何はともあれ体調管理に気を付けて夏を乗り切りましょう。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月26日 伊藤圭太

13.07.25
その他
海水浴

先週末は海水浴に出かけました。
初めての海に戸惑う息子の姿が印象的でした。

さすが子供です。海に入っているうちに
だんだんと慣れてきて楽しそうに遊んでいました。

きれいな海で少しもぐると小さな魚が泳いでいました。
近くの川には鯉も泳いでいてパンをあげると
たくさん集まってきました。

こういった自然を大切にしていきたいですね。
今を生きる私たち大人が未来の子供たちに何を残せるか。
考えさせられます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月25日 伊藤圭太

13.07.24
その他
ほめ達

昨夜は愛知中小企業家同友会の共育講座へ
社員の和田悠里子と一緒に参加してきました。

社員と学ぶ共育講座、毎回多くの気づきがあります。
今回は㈱中西の代表取締役笠原氏の報告でした。
タイトルは「知的障がい者に教え、教えられて、共に育った25年間」

先代の創業者が25年前に始めた障がい者雇用。
社員の半数が知的障がい者だそうです。
一つのことを覚えるのに時間がかかるが、
普通の人じゃ気づかないような成長の過程を喜ぶ創業者の後姿を
見ながら一歩ずつ成長をしてきたのがよくわかる話でした。

中でも仕事以外の部分で問題が多いのだとか。
仕事以外は関係ないという姿勢ではなく、私生活も含めて
余計なお世話かもしれないけれど一人一人が自立するために
会社が真剣に関わる、感動の報告でした。

ちょっとしたことを拡大して褒める「ほめ達(褒める達人)」になる、
というのが今回の報告からの私の実践目標です。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月24日 伊藤圭太

 

13.07.23
その他
自立の定義

土曜日の午後からは月に一度のクラブメンター名古屋の定例会に
参加しました。

今月の学びは「自立(律)の定義」でした。
独立してやっている以上、自分は自立しているものだと
思っていました。

メンターでいうところの自立とは、
いかなる環境条件の中においても自らの限りなき能力と
可能性を最大限に発揮して道を切り開いていく姿勢、です。

唯一のできることが、すべてを受け容れるという
受容の心を持つことです。

今月も新たな学びがありました。自立した人間を目指します。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月23日 伊藤圭太

13.07.22
その他
決算書の比較

土曜日は午前中に愛知中小企業家同友会の
経営指針講座道場編、方針コースで財務の部分の
リーダーを務めさせていただきました。

経営指針は、経営理念・経営方針・経営計画から
構成されていて経営方針の中の自社の内部分析のところで
財務(数字)が出てきます。

決算書の大まかな見方や自社がどの状態なのかを中心に
学んでいきます。

数字は単体で見ても意味がありません。比べることで
初めて自社の立ち位置が分かります。

比べるのは①過去の数字②同業他社の数字③未来の数字(目標)
です。

特に②についてはTKCから同業他社比較が出ていますので
そちらを参考にしています。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月22日 伊藤圭太

13.07.19
その他
経営計画書は魔法の書です

昨日はお客様の経営指針発表会にお招きいただきました。
先約があったため懇親会からの参加になりましたが、
社員さんの前向きな気持ちが大いに伝わってきました。

お付き合いをさせていただいて4年目になりますが、
年々人数が増えていき、社員さん会社さんの成長を感じています。

経営計画書も昨年と比べるとものすごく素晴らしいものに
なっています。何よりも具体的になったというのが実感です。

社長が方針を社員さんに伝えて一丸となって進んでいく。
経営計画書は魔法の書です。
益々のご発展をお祈りいたします。本当におめでとうございます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月19日 伊藤圭太

 

13.07.18
その他
決算書の基礎

昨日は愛知中小企業家同友会の愛北地区例会で
報告をさせていただきました。
タイトルは「経営者が視る数字とは」

専門家として決算書の見方を未来会計図を中心に
話をさせていただきました。

ありがたいことに会員の皆さんが講義の途中で
質問をしてくれたり、こんなときはどうなんだと、
聴いてくれます。

セミナーの中では一方的に話をすることが多いので
聴いている人が疑問に思う部分に気づけません。
おかげさまで昨日は気づくことができたので
もっと分かりやすい内容にすることができると思います。

貴重な機会を与えてくださった中村PJLと
気遣って迎えにまで来てくださった倉野会長はじめ
例会に参加してくださった皆様に感謝いたします。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月18日 伊藤圭太

13.07.17
その他
かちがわ大学×志賀内人脈塾

三連休初日の7/13(土)にかちがわ大学と志賀内人脈塾の
コラボセミナーに初参加しました。

お世話になっている志賀内先生から誘われたのがきっかけです。
講演はPHP研究所の櫛原吉男局長。
千人回峰行録として千人の素晴らしい経営者と会うことを
ライフワークにしているそうです。

本を作る過程や取材を通じて経営者と向き合った話の内容を
話していただけました。普段では聴くことができない内容なので
とても素晴らしかったです。

いちばん印象に残ったのは「出逢いの中で仕事は生まれる」
という一言でした。
PHPと言えば松下幸之助翁が浮かびますが、
松下翁は突き詰めていくと「人間」ということを
考えていた経営の神様です。
経営は人づくり、人との出逢いを大切にしていこうと思います。
本日も素敵なご縁をいただきました。感謝。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月17日 伊藤圭太

13.07.16
その他
中村文昭×弓削田健介講演会IN岐阜

7/15(日)に中村文昭×弓削田健介講演会に参加しました。
参加したのは中村文昭さんの話を聴きたかったのもありますが、
友達の池田勇二さんが初めて講演会を主催するからです。

池田さんとはあるセミナーでたまたま隣同士になりました。
一年ぐらい前だったかと思いますが、その当時から
中村さんを呼んで岐阜で講演会をするから是非来てください、と
話していたことを覚えています。

今回は600人近くが集まり、会場中が大きな感動の渦に
包まれていました。思わず私もCDを買ってしまいました。

人の心にスイッチを入れること、親として経営者として
どうすればよいかを考えるきっかけになりました。

11/10(日)に小牧で中村文昭さんをお呼びして講演会を
主催します。スタッフさんがどう動くかも見ることができました。
池田さんをはじめ素敵なスタッフの皆様、本当にありがとうございます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月16日 伊藤圭太

13.07.12
その他
事業承継

昨夜は愛知中小企業家同友会の春日井地区例会へ
オブザーバーとして参加しました。

報告者はわれらが尾張東青年同友会の
伊藤豪則氏です。
「時代を担うリーダーへの道」
~後継者から見た経営者、それぞれの立場での役割とは?~
と題して報告・ディスカッションを行いました。

気づいたことがあります。
伊藤氏が同友会で学んだことを愚直に実践しているということ。
経営者(創業者)と後継者は経営のスタイルが違って当たり前。

事業承継は創業の思い(成文化されていれば経営理念)を
伝えていくので方法は時代に合わせて変えていくべきであり、
そこには話し合うことぶつかり合うことが必要です。

その話し合いの場でも感謝と尊敬の心を持って
接することがいちばん大事だと気づきました。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月12日 伊藤圭太

13.07.11
その他
身につけておきたいビジネスマナー

昨日の中京経営塾は「社長のためのビジネスマナー講座」と題して
クリアリレーション(有)の柴田佳苗氏に話していただきました。

産業カウンセラーでもある柴田佳苗氏が白衣姿で登場して
身だしなみで相手に与える影響について最初に話してくれました。

上座・下座の話や名刺の渡し方など
意外と知らないことが多くあり参加者からは
納得の声が出ていました。

私自身セミナーで講演をする際には
上座から演台前で一礼もしないで出ていたことに気づきました。

一流と言われる経営者はビジネスマナーを身につけています。
相手に不快な思いをさせないためにも、そして喜ばれるためにも
しっかりと押さえておきたいポイントばかりの内容でした。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月11日 伊藤圭太

13.07.10
その他
ありがとう日本!in東北

昨日はTKC中部会のセミナーに参加してきました。
内容はTKC東北会会員が語る特別セミナー。
タイトルは「ありがとう日本!in東北」

東北地方から会員が震災時の状況と復興状況を中心に
話していただきました。

気づいたことはリスク管理の重要性と
自分たちがいかに恵まれているかということです。

津波で帳票やデータが流されてしまいましたが、
TKCシステムはバックアップをデータセンターに送っているので
すぐに復旧をすることができた。
そのおかげでお客様のデータも早い段階で復旧ができて
事業を継続することができた報告には感激しました。

また福島の会員からは地元で育った以上は地元を
復興させたい、という強い思いが伝わってきて
自分のおかれている状況がいかに恵まれているかに
気づかされました。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月10日 伊藤圭太

13.07.09
その他
何のために

第二回の小牧を元気にする講演会の
打合せをしました。

素人集団が集まってわくわくしながら
試行錯誤で作り上げています。

昨夜は講演会の経験豊富な方に
参加をしてもらいました。
すると出てくる出てくる、
知恵やアイデアが湯水のようにどんどん出てきます。

心の根っこにあるのが、「関わる人に喜んでもらうこと」
集客や運営に集中してしまい、「何のために」を忘れがちになることに
気がつきます。

11/10(日)小牧あさひホールです。
チラシもものすごいモノが出来上がってきています。
今から楽しみでわくわくします!
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月9日 伊藤圭太

13.07.08
その他
誕生日のサプライズ

昨日は妻の○○才の誕生日でした。
息子と二人で内緒でびっくりさせようと
こっそり準備をしていました。

妻にお昼前に出かけてもらっている間に作戦スタート。
おにぎり大作戦ということで息子が色々な形のおにぎりを
妻のために作ってくれました。
「ママ、喜んでくれるかな?」
「きっと喜んでくれると思うよ!びっくりするね!」
そんな会話をしていると息子の成長を感じます。

内緒で頼んでいた花も届きメッセージカードも書きました。
妻が帰ってきたのでコック帽をかぶった息子が
「誕生日おめでとう」と玄関まで迎えに行きました。

半分は気づいていた妻ですが(笑)、
とても喜んでくれました。
サプライズは楽しいですね!

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月8日 伊藤圭太

13.07.05
その他
時間管理

昨日は尾張東青年同友会の役員会でした。
4回目となり役員からも活発な意見が出てきます。

議長としての課題は時間管理。
昨夜も15分時間をオーバーしてしまいました。

2時間の会議で終わることができるように
スケジューリングするのですが意見が出てくると
どうしても延長してしまいます。

決められた時間内で話をまとめる技術や
それを管理するスキルが必要です。
学ぶことはたくさんありますね。

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月5日 伊藤圭太

13.07.02
その他
違いから学ぶ

愛知中小企業家同友会の中には41歳以下の経営者・後継者で
組織される青年同友会というものがあります。

私は尾張東青年同友会に所属しています。
10月に名古屋第一青年同友会と合同で例会を
開催することになりました。

昨夜がその第一回のPJ(プロジェクト)会でした。
お互いに普段は違う場所で活動をしています。
目的は同じでも風土ややり方が違っています。

今回の合同例会を通じてお互いに切磋琢磨し、
良いところを学びあい補い合えるような学びが
あると思います。

違いから学ぶ、大事なことですね。

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月2日 伊藤圭太

13.07.01
その他
ブービー賞

土曜日は小牧市倫理法人会主催の第一回ボーリング大会
に参加してきました。
1年ぶりぐらいのボーリング。

息子と二人で参加しました。
最近のボーリング場は子供が投げられるように
球を転がすだけの台が用意してあります。

ほとんどの投球を息子が台から投げました。
結果、生まれてはじめてブービー賞をいただくことができました。
とても楽しい会でした。
準備・運営をしてくださった皆様に感謝です。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
7月1日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.10.09

過去の記事

pagetop