税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

16.05.25
その他
徳と才

小牧市倫理法人会主催の小牧ゼミナール
(通称:こまゼミ)からの学びです。

経営者にとって必要なことは何なのか、
最近よく考えるようになりました。

売上を増やす
お客様に喜ばれる
商品・サービスを開発する
社員を採用する
社員教育
技術を磨く
経理をする
計画を立てる
総務的な手続きをする・・・・
数え上げればきりがない仕事が
創業当初(特に人数が少ないとき)はあります。

創業当初はがむしゃらに目の前のお客様に徹底して
喜ばれることをしていけば良いと思います。
とにかく売上を増やす。
分かりやすく言うと”プレイヤーとして頑張る”
これには専門技術が必要。

その次に一人ではお客様対応ができなくなるので
社員を採用し教育します。
ここで任せる、要は人を管理する対人能力、
人を育てる力が必要になってきます。
いわゆる”プレイングマネージャーとして頑張る”
これには管理能力が必要。
人の問題も人数が増えれば増えてきます。

ほとんどの中小企業経営者はプレイングマネージャーが
多いのではないでしょうか。
また悩み事の8割は人の悩みです。
ここからが本物の経営者に必要なことだと学んだことです。
経営者には”自然対応力”が必要なのだそうです。
大自然をも味方につける力、神様をも味方にする力です。
それには信仰が必要。信仰とは宗教を持つこと。
人はそれぞれ価値観が違いますので、どの宗教がということではなく
自分の中に確固たる宗教心を持つ。

専門技術も、管理能力も才能です。
信仰は徳です。

才能を否定しているわけではなく、
才能をベースにして徳を積む。

おそらく創業当初に聴いても何も感じなかった話だと思います。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月25日 伊藤圭太

16.05.18
その他
コールセンターとお客様第一主義

常々思っていたことですがコールセンターは
お客様第一主義からかけ離れていると思います。

某大企業のコールセンターとのやり取りです。

サービス向上のため録音させていただきます。
(本当にサービスが向上されるのか疑問、
言った言わないの証拠でしょうね。
初めから証拠のためと言ってもらった方が気持ち良い)

既存の契約の方は○番を、新規の方は○番を。
ひどい会社は、ここから数回のボタンのやり取りが
続きます。

ボタンを押し続けること数分後やっと、繋がったと思ったら、
「只今、電話が大変込み合っております。」
最初から言いなさいよ!
どれだけ時間を無駄にしたか、本当に自社の都合しか
考えていないと感じます。

挙句の果てには、担当者から折り返します。
担当者からの折り返しには出られない時も多く
結局コールセンターとのやり取りを数回行う羽目に。

なんと繋がったのは2日後でした。。。

ここから買うしかない大企業だからまかり通っているのであって
中小企業だったらすぐにお客様から見離されてしまいます。

弊社もビジネスホンを導入しました。
今まで家庭用電話機で何とかしていました。
業者さんからは驚かれましたが。

使えるなら良いかなと思っていましたが、
お客様から話し中が多いとクレームをいただきました。
すぐに変更です。お客様に迷惑をかけてはいけないからです。
電話が繋がらないストレスは本当によく分かります。

些細なことからお客様との信頼は崩れていきます。
お客様第一主義とは何なのか、常に考え続けていかなければ発展はありません。

 

 

経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月18日 伊藤圭太

16.05.11
その他
デレゲーション

経営者が経営者の本当の仕事をするには、今やっている仕事を
社員に委任しなければなりません。
所謂、任せる、ということです。
委任にも二通りあって、部分的な委任と全面的な委任です。
大きく効果を発揮するのは全面的な委任。
その中でもデレゲーションについて実践したことを紹介します。
デレゲーションとは、物事を進めるためのルールを明確にして
部下に仕事を任せること。
全面的なデレゲーションは大きなレバレッジをきかせることができます。
分かりやすく言うと、いちいち指示をしなくてもよくなります。
これはルールを明確にすることにポイントがあります。
では具体的に何を明確にするのか。
次の5つを明確にして行います。
1.望む成果
2.ガイドライン(守らなければいけないルール)
3.リソース(使える人員や資源)
4.アカウンタビリティ(評価基準)
5.評価の結果
家庭で実験してみました。
うちの長男の勉強机が常に散乱している状態。
毎日、整理整頓をするようにと妻が声を荒げています。
このままでは毎日言い続けなければならない…
そこで緊急家族会議を開催。
家族が快適な生活を送るためには、やらなくてはいけないことが
たくさんあることを全員で確認しました。
家のローンを払う。食事を作る。掃除をする。買い物をする。
洗濯をする。赤ん坊の面倒を見る・・・・
誰がやるか決めていくとほとんど妻の仕事になります。
「ママだけ大変だね、僕も手伝う。」息子
「じゃあ何ができるかな?」母
「僕、自分の机の上を片付ける」息子
今日から机リーダーの誕生です。
そこから全面的なデリゲーションを息子に伝えます。
1.望む成果は、机の上に何も無い状態にすること(見本を見せます)
2.机の上のものを床に置いたりして一時的にキレイにするだけはダメ
(守らなければいけないルールを明確に)
3.パパが家にいるときは、言ってくれればいつでも手伝う
(リソース、使える人員)
4.朝に利仁が自分から机の上がキレイかどうかを報告する
(アカウンタビリティ)
5.はお小遣いにしても良いかな、と思いましたが当面は無し
さあ、どんな結果が出るか…見守ってみたいと思います。
 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
5月11日 伊藤圭太
最新のブログ記事

過去の記事

pagetop