税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

16.06.29
その他
男旅(前篇)

長男と二人で男旅IN東京へ行ってきました。
お台場が中心の旅行です。

この旅行は教育研修も兼ねていて
3つの目的を持って出発しました。

①人とのコミュニケーションの大切さを伝える
②お金の使い方(メリハリ)を伝える
③可能性は無限にあることを伝える

①人とのコミュニケーションの大切さを伝える
旅行先に行けば分からないことだらけ。
事前の下調べはしていくのですが現地でしか
分からないこともあります。
分からなかったらスマホは使わずに人に聴く、ということです。

道が分からない、どの電車に乗れば良いか迷う、
営業時間は何時まで等々、様々な困りごとがありましたが
全て道行く人に聞いて解決しました。

また記念の写真を撮るのですが、
必ず人に頼んでシャッターを押してもらいました。
自撮り棒は使わない、持っていないからです。(笑)

知らない人に頼むことでコミュニケーションが生まれます。
相手の写真も撮りましょうか、となるわけです。
頼んだ方が外国の方だったようで英語で会話もすることが
できました。

驚いたのは引っ込み思案だった長男が
自分で昼食を注文したりお土産を買う時に店員さんに
自分から質問をしたりできるようになったことです。

②お金の使い方(メリハリ)を伝える
お金は無限にはありません。節約は大事。
でも使うときは思い切って使うこと。
特に会社経営においては重要な能力です。

次の目的地までの距離があるのでタクシーに乗ろうかと
迷いました。
でも小牧と違ってバスの本数が多いのです。
15分以上待つならタクシー、それ以下ならバス。
結局2日間すべて公共交通機関で移動することができました。

食事も目的をもって食べることを伝えました。
一日目の昼食は急いでいたので駅の中にある立ち食いそば。
初体験に戸惑っていましたがビジネスマンは早く食べることが重要。
駅で人が飛び交う中、座らないで早く食事をすることを体感しました。

時間に余裕があるときの食事は”身体に良いもの””食事を楽しめること”
が優先順位です。
100回の回転ずしに行くよりもカウンターしかない、大将の顔が見える
お寿司屋さんに1回行った方が学びがあります。

夕食はレインボーブリッジが一望できる焼肉屋さんをカウンターで。
肉も良いものとそうでないものを頼み、違いを体感しました。
目の前の景色にも付加価値があることを伝えました。
気づいたことは観光地という特性上、外国語が飛び交っていたこと、
若いカップルがたくさんいましたが、ほとんどウーロン茶(お酒を飲んでいない)
だったということです。

とにかくお金は道具だから、大事に使うことが大切。
節約するときは節約する、目的を持つ。
出せば入る、安いか高いかで買うのではなくて
本当に必要かどうかを意識して使う。
また目に見えないものや形に残らないもの
(他人に喜んでもらうためご馳走したり、プレゼントしたり、
感動と共に自分の経験に残されるもの、成長できるもの)
に使うことに価値がある。
と私の価値観を目いっぱい伝えました。
長くなってしまったので③は次週お伝えします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月29日 伊藤圭太

 

16.06.22
その他
お金の使い方

今週の日曜日と月曜日に長男と二人で
初めて旅行に行ってきます。

どこに行こうかと計画を立てていました。
計画を立てるのにインターネットは便利ですが、
情報が偏るので旅行雑誌を見ることにしました。

我が家では毎回の旅行雑誌は図書館で借りています。
それは買うのが勿体ないという価値観からです。
決して買うことを否定しているわけではありません。
人それぞれ価値観が違いますから。

また車もワンボックスは高いし普段は大きすぎるので
コンパクトカーに乗っています。
旅行の時はワンボックスのレンタカーを借りています。

それでも旅行に行くときは思い切ってお金を使うように
しています。
旅館も食事も奮発します。そこで得られる体験に価値を
感じているからです。

またダウンジャケットも学生時代に数万円するものを
アルバイトをして買いました。
当時の自分では大奮発です。
でもモノが良いので、今でも着ることができます。
何と、かれこれ15年間着続けています。

以前講演会で脳みそにお金を使いなさい、と聴きました。
モノでは無く体験にお金を使う、ということです。

回転ずしに100回行くよりもカウンターしかない
高級寿司に1回行く方が何百倍も学びがあります。
大将のネタ選び、お客様を見ながら出すタイミング
こんなに魚がおいしいものなのか、すべてが学びです。

ホテルもたまにはスイートルームに泊まってみる、
専用のベルボーイがいたり、スイートルーム利用客しか
入ることのできないバーカウンターや専用のチェックアウトの
場所があったりと学びがたくさんあるからです。
カタチに残るものよりもカタチに残らない経験を
脳みそにお金を使うという考え方です。

高額所得者のお客様で高級車が好きな方がいますが、
普段は絶対に無駄遣いをしません。
2,000円の手帳を買うのに1時間迷ったと言っていました。
それでも使うときは使います。高級車を買う決断も早いです。

共通しているのは値段の高い安いではなく、
価値があるか無いかでお金を使う判断をする。
お金に困らない生活を望むのであればお金に困っていない人の
価値観にふれてみる、大事なことだと学びました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月22日 伊藤圭太

16.06.15
その他
時代が変われば

時代が変われば今まで正しいと思っていたことが
変わることってありますよね。

私たちが学生のころは部活中に水を飲むことは
許されていませんでしたが、
今ではナンセンス。運動中の水分補給は必須です。

先日うちの二男が家のウッドデッキから派手に
落ちました。
おでこを切ってしまったので、
マキロンで消毒をして赤チンを塗るのかなと
思っていたら、今時ははしないのだそうです。

かさぶたが剥がれると傷が残るらしく
かさぶたを作らないようにして治すのだそうです。
傷パッドなるものを妻が買ってきていました。

昔の治し方は何だったのかなと思うのですが、
時代に合わせてやり方や手法は変えていく。

経営はよく縦糸と横糸だと言われます。
経が縦糸で時代が変わっても変えてはいけない
経営理念や創業の思いです。
これは時代を超えて縦につないでいかないといけません。

営は横糸です。時代に合わせて変えていく。
方針や戦術などです。
横糸は時代に合わせて変えていかなければ
時代に取り残されてしまうのです。

弊社でも創業のころのことを知らない社員が増えてきました。
創業の思いを伝え続けていきながら、
変えていくところは時代に合わせて変えていく。
そのバランス感覚が大事なのだと改めて感じています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月15日 伊藤圭太

16.06.08
その他
人工知能

最近は未来をよく想像します。
先日読んだ本で”人工知能は私たちを滅ぼすのか”
の内容が2030年の未来を分かりやすく描いています。

コンピュータの開発と聖書の関係性を絡めて
小説仕立ての読みやすい内容です。

大規模なコンピューターからパソコン。
ウェブの発達からスマートフォンへと目覚ましいスピードで
発展し小型化(ムーアの法則)しています。
今度は一人一台AIロボットの時代だそうです。

そして2030年に何が起こるのか。
ビッグデータ化されるライフスタイルで病気はゼロ
GPSでの犯罪防止
自動車の運転を人間がするなんて危なすぎてナンセンス等々

大きな特異点は、コンピュータがコンピュータを作るように
なったときだそうです。
その時に何が起こるのか。人間は滅ぶのか。
一部では火星に移住する計画を作っている経営者(イーロン・マスク)
もいます。
本当に考えさせられる内容です。

感じたことは時代の流れは止められない、
それでは自分が会社がその時代に合わせて
どうやって生きていくのか、が大事だということです。

未来を予測する最良の方法は自ら未来を創りだすこと
(アラン・ケイ)
今日の私たちが想像する未来が明日を創っていきます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月8日 伊藤圭太

16.06.01
その他
初めての収録

先日、弊社の顧問社労士の松室憲治先生と
ケーブルテレビCCNETの番組
リアルインテンションの収録をしました。

 

二人とも同じ士業ということで
士業について、地域について、
夢について大いに本音で語り合いました。

 

台本は一切なしの、ぶっつけ本番。
収録時間があっという間に過ぎてしまったのは
各々に想いがあるからでしょう。

 

松室先生とは7年前に出合って意気投合し
各々が各々の分野で活動をしています。
話をしていて道は違っても根っこは同じだな、
と感じました。
一瞬一瞬を全力で生きるという根っこです。

 

今月の致知の冒頭にウシオ電機の牛尾会長の言葉で
「安い酒を飲むな、良い酒を飲め」とありました。
本当の意味は、愚痴や不満を言いながら飲む安い酒を飲むのではなくて
未来を地域を社会をよくする夢を語り合いながら
良い人間と酒を飲め、ということ。

 

人生の貴重な時間、どのように使うかは自分次第です。
一瞬一瞬を全力で生きていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、感謝です。
ありがとうございます。

 
経営計画書と月次決算で夢と感動の経営を!
6月1日 伊藤圭太

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop