税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

17.12.27
その他
キタサンブラックとハズレ馬券

週末は有馬記念が開催されました。
今年最後のG1レース、普段は競馬を見ていない方も
有馬記念だけは馬券を買うという方もいるのではないでしょうか。

かくいう私も昔は競馬が大好きな人間でした。
しかし最近は随分と競馬から遠ざかっていました。

今年は現役最強場のキタサンブラックの引退レースということもあって
ニュースや特別番組を見て久しぶりに馬券を買ってみたくなりました。

子守を頼まれていたので2歳の息子を電車に乗せて
ウインズ名古屋(場外馬券場)へ(;^_^A

数年ぶりに足を踏み入れると昔とは違って
分煙になっていて驚きました。

久しぶりの結果は・・・
大本命のキタサンブラックが有終の美を飾り、
残念ながら元は取れませんでしたが良い思い出の馬券になりました。

競馬といえば業界で一時騒然となった”ハズレ馬券訴訟”

内容を簡潔に記すと競馬の当選金は通常は一時所得として課税されます。
つまり当選金から50万円の特別控除を差し引いた残りの半分が税金です。

※分かりやすく一部金額は変えてあります。
この訴訟では、繰り返し馬券を買っていたうちの当選金が総額30億円、
30億円を得るために買っていたハズレ馬券が29億円。
それなのに国税が30億円の一時所得として8億円の税金を課税したことから
裁判になったたものです。

結果は納税者が完全勝訴し、30億円から29億円を差し引いた1億円に対してのみ
課税されることになりました。
経常的に行っている馬券の購入による当選金は一時所得ではなく雑所得として
課税されるということです。

常識で考えれば当たり前だと思うんですけどね。

この判決をうけて改正された通達では”馬券購入ソフトを使用している場合”と
されています。
ちなみに今年の12月15日にソフトウエアを使用していなくてもハズレ馬券は必要経費
と最高裁の判決が出ています。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
12月27日 伊藤圭太

 

17.12.20
その他
テラ・ルネッサンス

週末にNPO法人テラ・ルネッサンスを東海地方の
企業経営者、個人事業者が支援する団体である
テラ・ルネッサンス サポーターズクラブ東海の設立式典が
開催されました。

半年以上前から準備を進めてきました。
私も専門職を活かした会計というお役をいただき
当日を迎えました。

創設者の鬼丸昌也氏は同い年にもかかわらず
考えのスケール、利他の心、人間力、
全てが尊敬に値する人物です。
一緒にいると自分の物差しが伸びていくのを感じることができます。

命をかけて子供兵の社会復帰や地雷除去、世界平和のために
手と足を使って活動をしている姿に心打たれる方は多いと思います。
私もその一人です。

そのようなテラ・ルネッサンスをサポートしたいという企業家、
さらにはサポートするだけではなく事例を共有しながら
一緒に成長していく仲間がテラルネッサンス サポーターズクラブ東海のメンバーです。

現実は毎日の業務で忙しいかもしれませんが、
少しの時間を使うことで気持ちがリセットされて明日からの活力に繋がります。

場所は違っても同じ時代に生きている子供たち、
私たちは世界と繋がっているんだと実感できます。
一緒に勉強している仲間を募集しています。

テラ・ルネッサンス

https://www.terra-r.jp/

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
12月20日 伊藤圭太

17.12.13
その他
無関心な人たち

年末も近づき税制改正の記事が載っています。

高所得サラリーマンに対する所得税の増税や
事業承継税制の見直しなど専門家としてはもちろん
企業経営者としても注目すべき内容が盛りだくさんです。

税制改正には多くの人たちが関心を示します。
税金が高くなる、安くなるという話です。
言い換えると税金の入り口の話です。

しかし税金の出口、つまり使い道について
関心を持つ人は私も含めて少ないように感じます。

先日、商業高校で租税教室の講師をしてきました。
授業の最後に高校3年生が書いた国税庁長官賞をとった作文を
朗読しました。

その内容が日本人は税金の使い道に無関心だというものです。
自分が払う時には関心を示すが、一度払ってしまえば
ほとんどの人たちが無関心。
政治にも無関心。
よく分からないまま選挙に行ったり
投票すらしなかったり。。。
このまま無関心のままで日本はどうなっていくのだろうか、
もっと関心を持ちたいと思う、という素晴らしい内容でした。

私自身も税を扱う専門家として反省する点が多々ありました。
社会貢献活動の一環として租税教育に力を入れています。

入り口だけでなく出口にも関心を持つ人が増えるよう
微力ながら力を使っていきたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
12月13日 伊藤圭太

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop