税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

18.02.28
その他
クラウド、フィンテックの時代に会計事務所に期待されていること①

会計事務所経営セミナーに参加してきました。
講師はTKC全国会の書面添付推進委員会の金成祐行副委員長でした。
年初に事務所見学をさせてもらって以来の再会です。

テーマは「クラウド、フィンテックの時代に会計事務所に期待されていることとは?」
大変興味深いテーマに話に聞き入りました。

会計事務所を取り巻く環境の変化の話には、
15年間で102.8万者(個人事業者も含むため社ではない)の
中小企業数が減少しているという現実の数字を目の当たりにし
危機感を感じました。

また昨今話題に上がることの多いAI、フィンテックにより
会計事務所は10年で消える職業のひとつに入っています。
しかしオックスフォード大学のレポートの無くなる職業は
“税務申告代行者”です。
アメリカでは資格のない税務申告代行者が多いため
日本の税理士制度とは違います。
あくまでも代行しているだけの職業会計人は消えていくかもしれませんが、
経営者の親身の相談相手としての職業会計人が無くなることはないでしょう。

それはTKC会員が目指す職業会計人の仕事は
“喜怒哀楽の感情をもって寄り添う仕事“だからです。

人間とAIの大きな違いのひとつは感情を持っているかどうかではないでしょうか。
経営者の親身の相談相手へ、
夢と感動の経営の実現を支援する、
創業時からずっと言い続けていることです。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
2月28日 伊藤圭太

18.02.21
その他
成功の方程式

小牧市倫理法人会の500回記念モーニングセミナーに参加しました。
講師は会員であるシンクスの谷田氏。
私が入会したころからの会員さんで
若く右も左も分からない私に会うたびに
色々と声をかけて頂いた思い出があります。

テーマはズバリ”夢”

人間の成功は
能力×努力×継続で決まる。
特に能力に差はないが、努力さらにはその努力を継続することが
できるかどうかが大きな差になると教えていただきました。

そして努力を継続し続けるには何かを断つことが大事なのだそうです。
現在一日24時間を使っているのだから集中するには
今行っている習慣を断つ、捨てる、断る、離れることだそうです。

それには”勇気”が必要なのだそうです。
谷田さんの勇気の定義は、”今までの慣れた自分を捨てること”
すなはち、自分との闘い(戦いではない)です。
つまり自分に立ち向かうこと。

自分に立ち向かうには、
①素直な心②謙虚な姿勢③感謝の心
を持ち続けることで努力を継続できるのだそうです。

言葉でまとめると、とてもシンプルなことですが、
実際に行動に移し続けるのはとても困難です。

人間だから過ちを犯すこともあります、
でもそれに気づいて軌道修正をすることが大事だと思います。

それには定期的に倫理法人会のような集まりで
自分を見直すことや人の話を聞いて自分を省みる習慣を
つけることが改めて大切だと思いました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
2月21日 伊藤圭太

18.02.14
その他
園児へのリクルート活動

先週に引き続きアポロガスの篠木社長のセミナーからです。
アポロおもうこころプロジェクトとして
福島への地域貢献をたくさん行っています。

保育園や幼稚園に鉄棒や紙芝居、絵本など
たくさんのものを寄付しています。

よくボランティアをする会社ですか?
と聞かれますが、ボランティアをする会社ではありません、
と伝えるのだそうです。

もちろんボランティア活動はしていますが
あくまでも本業で利益を出すのが社会の公器である
会社の役割です。

幼稚園に行ってもこう話すのだそうです。
「私たちは下心があってこういう活動をしています。
ちびっこのみんなが、15年後にアポロガスに入社したい、
と思ってもらいたいからです。
幼稚園にリクルート活動にきています(笑)」

あと1年後に就職をする大学では冗談にならないかもしれませんが
幼稚園なら微笑ましくなりますね。

リクルート学生は目がギラギラしていますが、
園児は目がキラキラしているのだそうです。

園児へのリクルート活動、わが社も真似してみたくなりました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
2月14日 伊藤圭太

18.02.07
その他
新春日経セミナー

新春の日経セミナーに参加してきました。
開催地は京都と遠かったのですが
どうしても聞いてみたい内容でしたので
他の予定を入れ込み行ってきました。

日本一の元気エネルギー供給企業をめざして!
アポロガスの篠木社長の講演でした。

内定者に対する新入社員50日間
150の研修、100本の論文!!
150の研修の例を挙げると、
アナウンス研修、一日警察官体験研修、TVCM撮影研修、
と少し変わった内容の研修や
狭いところで早食い研修、あんこをなめて即社長に返信する研修、
カシオレを渡す研修、コーヒーを入れるんですか研修など
聞いただけでは何をするのか分からない研修までありました。

研修の定義は学べること。
学びがあることならすべて研修なのだそうです。

これだけ多くの研修をするには目的がるそうです。
それはせっかく働いてくれている社員が
人生を終えるときに良いと思える人生を送ってもらいたい、
折れない翼を持たせたい、
ということです。

それには考え方がもっとも大事なんだそうです。
仕事をしていけば良いこともあれば辛いこと悔しいことも
たくさん経験します。

どんなときでも”折れない翼”を持っていてもらいたい、
そんな社長の社員に対する強い思いが伝わってきました。

他にも一見すると、それって仕事と関係ないのでは?
と思えるような取り組みも多くされています。
それにも関わらず業績はピカイチで
坂本先生の日本で大切にしたい会社5にも掲載されるそうです。
良い会社には良い社長がいます。
あらためて社長の器を広げていくことの大切さを
学んだ一日でした。

 

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
2月7日 伊藤圭太

最新のブログ記事

過去の記事

pagetop