税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

18.04.25
その他
伊那食品工業さんへ行ってきました①

TSC(テラルネッサンスサポーターズクラブ)東海の
4月定例会に参加しました。

1泊2日で長野県伊那市にある
伊那食品工業さんと菓匠shimizuさんへ会社見学に
メンバー24名で行ってきました。

かんてんぱぱと年輪経営で有名な伊那食品さん、
塚越会長の著書は何回も読んだことがあるのですが、
実際に見学に行くのは初めてでした。

ひと言でいうと
”参考にならない・・・”
あまりにもレベルが違い過ぎて
ポカンとしてしまいました。
レベルというのは経営者の器のことです。

見学前に「伊那食品さんはモデルにする会社ではなく
憧れにする会社です。」と聞いていたので
見学ではなく観察する、心づもりでいました。

広大な敷地のかんてんぱぱガーデンや本社は
業者には頼まずに社員自ら清掃活動を毎日行っているそうです。

始業前の清掃や休日なのにもかかわらず
何人かの社員さんが自主的に会社内の清掃をしています。
一切、強制はしていないのに、です。
聞いてみると清掃の当番や範囲も決まっていないようで
各自が自主的に考えて掃除をするのだそうです。

掃除がエスカレートし過ぎて高所作業車で松の剪定まで
していると言っていました。

2年目の社員さんを交えたクロストークでは
掃除の目的について教えてもらいました。

掃除の目的は、「自分の気づきの訓練」なのだそうです。
だから場所も決めておらず、自分でどこを掃除すればよいか
気づくようにする。

その社員さんは休みの日に掃除に来るのは、
休みだからといって、だらだら寝ているよりも、
朝から起きて掃除で身体を動かして近くのカフェの
モーニングを食べるのが楽しみで掃除をしていると言っていました。

もちろん休日なので清掃に来ない同期の社員もいますが、
何も気にならないのだそうです。
それは、会社から評価されるためでもなく
自分のために掃除をしているからだそうです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
4月25日 伊藤圭太

 

18.04.18
その他
企業防衛の目的

TKC中部会の企業防衛制度推進委員会が主催する
企業防衛特別研修会に参加してきました。

毎年確定申告明けの4月に長島温泉があるホテル花水木で
開催される1泊研修です。
残念ながら所用があり日帰りでの参加となりましたが
一日だけでも大変勉強になりました。

企業防衛というと保険を売るイメージが強く
抵抗を持たれるお客様もいらっしゃいます。

会計事務所が保険を取り扱うということは
単純に手数料が入ってくるからではなく
中小企業であるお客様のことを親身に考えているからです。

社長に万が一のことがあってからでは遅いのです。
その状況をいちばん身近な相談相手として知っているのが
私たち会計人です。

講師の先生が企業防衛に真剣に取り組んでいる事例を
発表してくれました。

真剣に取り組むようになるには2種類あるのだそうです。
①実際に顧問先企業に急な不幸があり後悔した体験がある
②先輩TKC会員の薫陶を受けた
①は絶対に体験したくないことです。

中京会計は標準補償額といって社長にもしものことが
あった場合の必要な補償額を決算のタイミングで報告させて
いただいております。

お客様の標準補償額全体の80%はカバーするという
目標を持っています。
うちの保険にはこだわっていません。
お付き合いのある保険会社さんで加入してもらっても
構いません。
ただし間違った加入の仕方はしてもらいたくないので
第三者としてアドバイスはさせて頂いています。

すべてはお客様の夢と感動の経営の実現をサポートするため、
目的をしっかりと意識して進めていこうと決意しました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
4月18日 伊藤圭太

18.04.11
その他
環境について子供と学ぶ

モクモク手づくりファームの続きです。
環境活動にも力を入れていました。

電気の使用を抑えることは環境に良いとは
分かっていても、いまいちピンと来ないのは
私だけでしょうか。

ここでは宿泊したコテージごとの電気使用量が
ランキング形式でロビーの画面に表示されていて
どれぐらいの電気を使っているのかが見える化されていました。

そしてゴミの分別です。
こちらも子供たちにゴミを分別するんだよ
と口で言ったところでなかなか言うことを聞きません。

しかしモクモクの宿泊棟のゴミ捨て場や、レストランの片付け場には
子供達でも分かるように、何をどこに捨てたらよいのかが
かわいいイラストで描かれていました。
もちろん子供たちが捨てやすいようにすべてに足踏み台が
置かれています。

そしてお手伝いをすると、もらえるコインがあります。
お手伝いが終わりコインを決められた場所(くるくるBOX)に入れると
コイン1枚当たり10円が食育活動・環境活動グループに寄付される仕組みになっていました。

お手伝いをしたことで自分へのご褒美ではなく
社会の役に立つ活動に繋がっていくことが
素晴らしい取り組みだと思いました。

大人も学べることがいっぱいの体験学習でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
4月11日 伊藤圭太

 

18.04.04
その他
食農学習INモクモク手づくりファーム

春休みの家族旅行に行ってきました。
今年の行先は”伊賀の里モクモク手づくりファーム”です。

お客様から勉強になるよ、と紹介してもらい
宿泊の予約を取って行ってきました。

「食と農業のあり方」を見つめ直す
食農学習の場、と定義しているだけあって
経営理念そしてコンセプトがしっかりと確立されていました。

すべてのお店や体験教室、スタッフさんに
その理念が浸透しているのが伝わってきました。

普段私たちが何気なく口にしている食べ物ですが、
どのように作られているのか、
そして何を大切にしていかなければならないか、
子供たちにも分かりやすく”体験を通じて”伝わったのでは
ないかと思います。

一例を挙げると、イチゴ摘み体験教室に参加しました。
食べ放題のイチゴ摘みではなく、
イチゴがどうやってできるのか、ミツバチの役割、
収穫の仕方などをクイズ形式で学ぶことができます。

また環境活動についても大変学ぶことが多くありました。
そして学べる仕組みが凄いと思いました。
環境活動については来週のブログでお伝えします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
4月4日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.11.27
19.11.20
19.11.06

過去の記事

pagetop