税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

18.05.30
その他
杉村太蔵氏

公益社団法人小牧法人会の小牧4支部の通常総会と
記念講演会に参加してきました。

講演者は元衆議院議員の杉村太蔵氏。
講演テーマが「どん底からの人生大逆転」

納得できるテーマと知名度に200名を超す
参加者の中で講演が始まりました。

テレビなどで見る印象通りのところもあれば
そうでない部分がたくさんありました。

杉村氏は昭和54年生まれで私と同い年です。
派遣社員やニートを経験している議員ということで
議員時代は労働関係の問題に尽力されたようです。

マスコミから叩かれることが多かった印象があり、
そこから今のポジションになるには相当な葛藤と
心の強さがあったのだろうと話を聴いていて感じました。

印象に残ったのは
・元気がいいこと(常に声が大きく熱い!)
・話が分かりやすい
・とても勉強熱心
です。

中でも話が分かりやすいことはリーダーとしての資質だと
仰っていました。
講演の中で私を含めた30代の3人が演題に呼び出され、
①1600年
②1858年
③1945年
から日本の転換期だと思う年を選び、
”なぜ転換期だと思うのか?その理由を論理的に1分間で
プレゼンしてください”
と言われました。

200名を前にモゴモゴ説明しましたが後で聞いたら
恥ずかしいだろうな、というお粗末な内容でした。

実はこの問題はハーバード大学の日本史の期末試験なのだそうです。
私たち日本人は「インプット」は勉強するけれども
「アウトプット」の勉強は少ない。
リーダーたるもの分かりやすい言葉で説明し納得してもらう資質が
必要だという言葉には感動しました。

会場からは終始笑い声のあふれる人間味あふれる講演でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
5月30日 伊藤圭太

18.05.23
その他
働き方改革!伊那食品工業さんに行ってきました④

働き方改革=時短という風潮になっているという話が出ました。
正直ドキリとしました。弊社の取り組みもまさに時短だからです。
伊那食品さんは時短という考えは、仕事=嫌な時間だから
減らすことだけに目が行ってしまう。
それなら仕事=好きな時間にしてしまえば良い、
とおっしゃっていました。

新しい考えに触れると自分の枠が広がります。
中京会計の働き方改革の目標はHalf&Twice。
働く時間を半分に生産性を2倍にです。

私は仕事の時短は大切なことだと思っています。
しかしもっと大切なのは時短する目的です。

同じ仕事を能率化して時間を半分にして生産性を倍にする。
余った時間で
①家族と過ごす時間を増やす
②能力アップ(自分の成長)に時間を使う
③趣味や地域の活動に時間を使う
④もっとお客様を喜ばせる時間に使う
等々
自分たちが本当にやりたいことをするために
生産性向上をしていくのが
中京会計の働き方改革なのだと明確になりました。

無理をしないで少しずつ成長をすること、
自然体でいられる会社にすること、
経営者としてやれることはたくさんあるのだとワクワクしました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
5月23日 伊藤圭太

 

18.05.16
その他
縦軸は何だ

一社)最適経営学践協会の設立式典がいよいよ迫ってきました。

ヒト・モノ・カネそれぞれのスペシャリストが集まった
経営の羅針盤というプラットフォーム。

個性あふれるメンバーだけに理事会での打ち合わせも
色々な意見がぶつかり合います。

今回の議題は設立式典で行う事例発表。
ある会社の事例をもとに、それぞれがどうやって
支援(元気にする)するのか意見を出し合います。

戦略的にどうなのか、会計はどうなのか、
そこに人事はどうなるのか、法律的な問題はないか、
そして理念に合っているものなのか。

それぞれの立場から正しいと思う建設的な話し合いになります。
最後は経営の羅針盤が他とは違う部分
(メンタリングという考え方が根底にある)
でまとめようという台本です。

まとまりかけていたのですが、やはり参加者に一味違うと
思ってもらいたい、という思いから
ベースはあるが当日の流れでアドリブをする、ということに
なりました。
早朝7時からの打ち合わせは何だったのか(笑)

しかし、これが良いのだと思いました。
実際の経営の現場でもそれぞれの立場から
色々な意見が出てきます。
どれが正解か不正解なのかは分からないことの方が多いわけです。

それでも経営理念という縦軸がしっかりとしていれば
最後は経営理念に沿っているかどうかが大切だと思います。

実は運営している側がいちばん勉強をさせてもらっています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
5月16日 伊藤圭太

18.05.09
その他
働くとは何ですか?伊那食品工業さんに行ってきました③

伊那食品さんの社風の根底に何があるかと考えたときに、
”働く”ということがどういうことなのか、
しっかりと教育がされていると思いました。

人間は楽をしたいという気持ちは誰にでもあります。
他人のためと言っても、まずは自分のために動くのが人間です。

例えば海外旅行に行ったとします。
楽をしたいからといってホテルでずっと寝ている人はいないですよね。
せっかく海外に行ったんだからと目いっぱい予定を詰め込んで
ヘトヘトになるまで観光や遊びに夢中になるのではないでしょうか。

人生も同じで楽をするだけじゃ、せっかく生まれてきたんだからもったいない、
という考えです。
私も昨年の夏休みに4日間、家族で北海道旅行に行って
観光を入れずにのんびり過ごしましたが2日もすると飽きてしまって
仕事がしたくなった経験があります(笑)

働くってどういうことか、人生って何か?を気づかせてくれるのは
100年カレンダーです。
弊社の会議室にも貼ってありますし、私もお世話になった方の節目に
プレゼントさせてもらっています。

2001年から2100年までのカレンダーが1枚になっていて
どこかに自分の命日があります。
自分の命を意識して、働くとは、人生とは、考えていくと
自分のため”だけ”ではなく、他人のために働いて喜んでもらえることが
結果として自分が幸せを感じることに繋がるのだと思います。

だから自分最優先で良いのです。
それはお客様に喜んでもらうと自分が嬉しい思いや幸せな思いをするからです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
5月9日 伊藤圭太

18.05.02
その他
目的は何ですか?伊那食品工業さんに行ってきました②

先週の伊那食品さんの会社見学の続きです。
それでは何故そんな社風になったのか?
現時点だけを見てしまうと違いに圧倒されますが、
一朝一夕で社風が出来上がったのではないはずです。

そのヒントは塚越副社長の話と会社に飾られている
創業当初からの写真にありました。

ポイントは「目的(理念)を大切にしていること」
だと感じました。

伊那食品さんの社是は
「いい会社をつくりましょう。」
-たくましく そして やさしくー
全ての活動をするにあたって、目的(何のために)を大切にされていると
感じました。
例を挙げると、利益は手段で社員の幸せが目的であるから、
会計上はコストである給与も目的だからカットすることはしないのだそうです。
業績を上げるのも、社員さんたちの給与(目的)を上げ続けるため。
社員を幸せにするための具体的な実践が毎年給与を増やし続けること、だと
お話しされていました。

また掃除にも目的があり、それは気づきの訓練だそうです。
だから場所を決めていない、すべて明確な目的があるからです。

他にも数字目標は一切無いそうです。
会議は未来のことを考えるための場所であるから
数字は現時点を確認するぐらいとのことでした。

全てを数値化したいという経営者が多いが、
数値化すべきところと数値化すべきじゃないところがある。
実は数値化できないものの方が多く大事なことも多い、のだそうです。
社員さんの人事評価も実質的に無いに等しく
基本的に年功序列で賃金が上がり続けるようです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
5月2日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.11.06
19.10.09

過去の記事

pagetop