税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

18.07.25
その他
民事信託

昨年の10月に民事信託を取り扱う会社として
一般社団法人事業承継・信託協会を立ち上げました。

数日前に別の団体が主催する民事信託フォーラムに参加してきました。
取り組む内容はほとんど同じです。

民事信託を活用すると従来の民法ではできなかった
(事業を含む)財産承継が可能になります。
まさに遺したい思いをカタチにするのにピッタリの法律です。

東京や福岡では広がってきていますが、
ご当地名古屋はまだまだ知らない方が多くみえます。

先週も東濃信用金庫 小牧支店さまで民事信託の勉強会の
講師を務めてきました。
また愛知中小企業家同友会の小牧地区の地区例会でも
講師を務めました。

当協会の事業目的のひとつに民事信託の普及をあげています。

最近はテレビなどにも取り上げられることもあり
少しずつ民事信託が身近なものになっていくことを感じます。

思いをカタチに、民事信託のことを是非知ってください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月25日 伊藤圭太

 

18.07.18
その他
生産性向上と効率主義

ここ数週間で3社の会計事務所の見学に
行ってきました。

縁故で出会った事務所、TKC会員の事務所、
企画会社の見学会です。

異業種からの学びも多いのですが、
同業者だからこそ学べることも多くあります。

どの事務所も生産性をいかに上げるか
しっかりと取り組まれていました。

生産性向上というと働き方改革が間違って
捉えられているようで心配になります。

単純に働く時間を短くすれば良くなるのか、
そんなはずはありません。

働く時間を短くするだけではなく
しっかりと付加価値の取れる仕事に移管することで
生産性が向上します。
生産性が向上すれば国際競争力が向上します。

弊社も製販分離に取り組み生産性向上の一つである
”能率”をアップする取り組みをしています。

しかし能率だけでなく事業経営には”効率”が大切です。
効率を上げるには収益性のよい製品を販売することです。

一倉定先生の能率と効率を抜粋します。
①能率は部下に任せ、効率に専念しなければ会社は存続できない。
②効率主義に必要なものは営業活動である。高収益経営の実現。
社長がやる。
③効率主義に大切なものは価格政策である。高く売るのは暴利ではない。
アイデア料である。

どの事務所も高収益経営の実現のための取り組みを
発表してくれました。
自社に合う形で取り入れることが社長である私の仕事だと実感しました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月18日 伊藤圭太

18.07.11
その他
授業参観

週末の土曜日は息子の授業参観でした。
内容は自分たちが住んでいる町を探検しようという
社会科の授業でした。

各グループが分担された地域を歩いて回り
史跡を調べたり、町工場やお店にインタビューをして
レポートとして発表するという内容でした。

勉強になったのは発表の時のルールです。
「〇〇というものがありました。
なぜ〇〇なのか?そこで考えてみました」

常に何故〇〇なのか、自分たちの頭で考えてみる、
ということなのです。

中には大人から見れば見当違いの意見もありましたが、
大切なことは合っているか間違っているかではなくて
自分の頭で考える、ということなのだと
とても勉強させられました。

私も同じように仕事をするのではなく、
何故なのか自分の頭で考える、ということを意識して
毎日を過ごそうと思いました。

 
中小企業に夢と感動の経営を!
7月11日 伊藤圭太

18.07.04
その他
カジノ

マカオではカジノを初体験しました。
日本ではパチンコもやったことが無く
賭け事に興味関心がありません。

せっかくの記念にということで初挑戦。
ホテルの中にカジノがあり驚いたのは
24時間365日営業をしているということです。

遊び歩いて早朝に帰ってきてもカジノに人だかりが
できていることに衝撃を受けました。

バカラというカードゲームで遊んでみたのですが
ものの5分でやめました。
あっという間に使おうと思っていたお金が倍になってしまったからです。
ビギナーズラックというもので、このまま勝ち続けると
ハマってしまうと直感が働いたからです。

現地のガイドさんもカジノは恐ろしいところ
人間の欲望がうずめいている。
カジノの周りには質屋や金貸しが多い。
カジノをしたばかりに破滅の人生を送る人は多いんですよ、
と教えてくれました。

日本でもIR実施法案が成立しました。
もともとパチンコや競馬もあるのでギャンブル依存症が増えるとは思いませんが
どんな企業が参入するのか興味が湧いてきました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

中小企業に夢と感動の経営を!
7月4日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.11.27
19.11.20
19.11.06

過去の記事

pagetop