税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

19.07.31
税務情報
企業型確定拠出年金制度を導入しました!

7月29日の日本経済新聞の1面に
「イデコ加入 全会社員に」と
個人型確定拠出年金(イデコ)と企業型確定拠出型年金の
併用ができるように法改正を検討していると掲載されていました。

あの2000万円問題の影響もあってか
将来の年金について自力の備えを後押しするような
世間の流れが垣間見えます。

話題になる前に実は中京会計では、
福利厚生の一環として5月から『じぶん年金(企業型確定拠出年金制度)』
を導入しました。

企業型確定拠出年金制度というと大企業では一般的ですが
中小企業ではまだまだ導入している会社は多くありません。

しかし中小企業でも企業型確定拠出年金制度を導入することは
大きなメリットがあると考えています。

『じぶん年金』とは?
 掛金を将来の年金として受け取ることができる(運用成績次第で年金額の変動あり)
「確定拠出年金」のことを言い、個人型と企業型とがあります。
 個人型は「iDeCo(イデコ)」とも言われ、個人で口座を開設して行います。
 企業型は企業が従業員から掛金を徴収し、手続等を会社が行います。

『じぶん年金』のメリット

 ①掛金が全額非課税
 ②運用で得た利益が非課税
 ③受け取るときは「公的年金」または「退職所得」として受け取れる
 ④社会保険料の等級を下げることが可能

『じぶん年金』のデメリット

 ①60歳まで引き出せない
 ②将来受け取れる公的年金が減少してしまう可能性がある
 ③管理コストが掛かる(個人型の場合は個人負担、企業型の場合は企業負担)

将来への資産形成に対する不安が多くある現在、
自分の身は自分で守ることも今後求められてくると思います。

そのような中で、この『じぶん年金』は節税をしながら将来への積立ができます。
これは経営者にとっても従業員にとっても、魅力的な制度なのではないでしょうか。

中京会計でも『じぶん年金』について、詳しくご説明させて頂くことが可能です。
興味のある方は、ぜひ中京会計にご一報ください。                       

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月31日 伊藤圭太

19.07.24
学び
震災から学ぶ

今年も長男の代休を利用して
4年目となる父子二人旅に行ってきました。

ただ旅行するのではなく毎年のテーマを決めています。
今年のテーマは「災害について学ぶ」です。

神戸にある『人と防災未来センター』へ
行ってきました。

1995年1月17日午前5時46分、
兵庫県淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の
地震が発生しました。

発生当時は自宅にいましたが
愛知県でも、かなり大きな揺れがあったことを
覚えています。

再現映像を見せてもらい、震災当時から
復興までの道のりをジオラマを見ながら学びました。

またボランティアの方が熱心に自分の被災経験を
語ってくれました。
本職は中学校の教頭先生だそうですが
休日にボランティアで語り継いでいるのだそうです。

災害を無くすことはできません。
しかし準備や知識を得ることで減災に
繋げることができます。

まずは寝室の中に倒れてきそうなものは置かないこと、
家具は固定すること、飲み水を確保しておくこと、
これだけでも随分と違うのだそうです。

災害は忘れたころにやってくる、
とても良い勉強になりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月24日 伊藤圭太

19.07.17
経営
経営支援部の夢

経営コンサルを指導してもらっている
インターフェイスの事例発表会に参加してきました。

3つの会計事務所の代表者が
顧客の改善事例を発表しました。

数多い経営コンサルの中でも
会計事務所が行う経営コンサルに特化している
会社です。

数字を中心に問題点を見極めて
仮説を立てて改善していくストーリーに
大きな可能性を感じました。

私たちも昨年から経営支援部を立ち上げて
経営コンサルへ参入しました。

インターフェイスの指導の下
経営コンサルが行うことはヒアリングからの
思考プロセスの提供だと分かりました。

経営を科学する、問題点をKPIに落とし込み見える化して
仮説と検証を繰り返していきます。

正解が無いものを正解に近づける、
そこに経営者とともに伴走する経営コンサルの
価値があるのだと感じました。

どの会計事務所も素晴らしい発表をしてくれました。
来年の今頃は、中京会計の林が成功事例を引っ提げて
壇上に立ってくれている姿が目に浮かびました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月17日 伊藤圭太

19.07.10
学び
”やり方”と”あり方”

先週に引き続き地区例会での学びの続きです。

中山氏が話された中でも
「同友会で何を学ぶのか」という話が印象に残りました。

同友会で学ぶことは次の三つです。
①経営者の資質
②人間性を磨く(他者尊重)
③組織をつくる
 ※目的(理念)を明確にする
 ※ボス化しない

手法やテクニックなどの”やり方”ではなく、
経営者としての”あり方”を学ぶ会なのだと
再認識できました。

中山氏は私が入会したころ(12年前)からずっと
同友会のことを分かりやすく教えてくれた先輩会員です。

改めて初心に帰るとともに
”謙虚な気持ちで素直に学ぶ”ことを
意識して参加しようと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月10日 伊藤圭太

19.07.03
経営
目的意識を持つ

所属している東尾張第二青年同友会の地区例会に
出席して学んだことです。

「永続する企業を目指す」というテーマのもと
初代会長の中山社長が報告されました。

冒頭の話にありましたが、まずは全てにおいて
”目的意識”を持つこと。
同友会の活動をするときでも何のために活動するのか、
この例会に参加する目的は何なのか、を常に
意識していないといけないと感じました。

会費だけでなく貴重な時間を使って参加をしています。
多くの経営者が集まるわけなので
時間給にすれば凄い金額になるはずです。

振り返ってみると役職を受けていたときは
例会作りから関わることが多かったので
常に目的意識を持っていました。

しかし最近は手帳に書いてあるから参加する、
というスタンスになっていたと気づきました。

忘れていた”目的意識を持つ”ことに
集中していこうと決意しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
7月3日 伊藤圭太

最新のブログ記事
19.10.09

過去の記事

pagetop