税務や会計等に役立つ知識から、日々の生活のこと
おすすめ情報など、お気軽に読んでいただけたら幸いです。

20.01.29
学び
発見!夢を叶える方法

前回ブログで宇宙について触れました。

一年の計は元旦にあり、というように
夢を持ったり目標を作ったりすることは
とても大切なことです。

そして夢を叶える方法が分かりました。
それは紙に書いて忘れないようにすることです。

夢が叶わないのはそれを忘れてしまう又は
諦めてしまうからです。

諦めるのは自分なので諦めないと決めて
あとは忘れなければ夢は叶うのだと気づきました。

新しい手帳に夢を一つ書き加えました。
宇宙旅行をして宇宙から地球を見ること、
諦めず忘れなければ叶うので
今から楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
1月29日 伊藤圭太

20.01.22
学び
宇宙

昨年末にニュースを見て
宇宙について興味が湧いてきました。

図書館から小学生向けの宇宙についての本を借り
息子の教科書も見せてもらいました。

地球が誕生したのは46億年前、
宇宙の誕生であるビッグバンは137億年前だと
知りました。

そのうち人類誕生が500万年前~600万年前と言われています。

宇宙の時間の単位からしたら、
私たちの生きている時間がなんと短いのだろうと
感じました。

空を見上げると輝いている星も
何百光年離れているということは
何百年前の輝きを見ていることになります。

このように考えると視野が広がっていきます。

宇宙の一部であることを意識しながら
原理原則にのっとった行動をしていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
1月22日 伊藤圭太

20.01.15
学び
租税教室で伝えたいこと

 ここ数年で中学校や高等学校の租税教室が増えてきています。
小学生は純粋で税金の話を真剣に聞いてくれて楽しいですが、
より社会人に近い高等学校では、また違う楽しさがあります。

 税理士という仕事の話を含めた自己紹介から始まり、
税金の種類や税金の役割、そして日本の財政の話まで
グラフなどを使いながら解説をします。

 そして一通りの知識を伝えた後に6人程度の小グループに分かれてもらい、
福祉と負担について、グループディスカッションをしてもらいます。

 最初は学校の先生もディスカッションになるのか不安もあったようですが、
予想以上に盛り上がります。

 大人じゃ出てこないような発想や、真剣に将来のことを
考え話し合う姿勢に私自身がいちばん学ばせてもらいました。

 最後に国税庁長官賞をとった高校生の作文を読み聞かせて、
税金の使い道や政治にも興味と関心をもってもらうことを
お願いして纏めとなります。

 日本の未来を担う子供たちに租税教育のことが
少しでも伝わればと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
1月15日 伊藤圭太

20.01.08
学び
差別化

企業が永続するには勝ち続けるしかありません。
マイケルポーターは勝つ方法は3つしかないと言っています。
①プライスリーダーになる
②差別化する
③①と②を組み合わせる

①は大企業の戦略であり中小企業にとっては差別化するしか
生き残る道はありません。

どのように差別化するのか?
それを考えるのは経営者の大切な仕事だと思います。

もちろん中小企業なので現場での仕事がある経営者も
たくさんいます。
目の前には次から次へと、こなさなければならない
仕事がやってきます。
その中でいかに時間を創り出すのか?

自社の未来像を創り出す時間こそが経営者にしかできない
大切な仕事だと思っています。
また未来像を創り出すことこそが、
将来的に自分の大切な時間を節約することに繋がるのだと
確信しています。

ビジネスプロフェッショナル養成スクールは
一つの例ですが、経営者にとって
自分の頭で考える時間をつくることが
大切なのだと感じました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

中小企業に夢と感動の経営を!
1月8日 伊藤圭太

最新のブログ記事
20.01.22

過去の記事

pagetop