blog_top
中京会計では、スタッフ全員で毎日ブログを更新しています!
それぞれの成長記録でもあり、
お客様に私たちをより知っていただくためのメッセージでもあります。

17.07.14   
その他
   税金を気にするより

堀場製作所の故堀場雅夫さんが
次のように仰ってみえたそうです。

「税金はどんなに取られても半分。今の2倍の額を儲けたら、
もともと納める予定だった税金は実質的にタダになる。
節税対策に明け暮れたり、税務署に文句を付けたりするのは、
時間の無駄。その時間を技術開発に向けた方が
結果的に手元に残る資金は多くなる。
だから経営者は事業のことだけを考えればいい。」

税額控除が使える条件に当てはまった場合
漏れなく使ういうのは大切なことだと思います。

しかし国に払うなら別の物に払ってしまった方が良いとする
考え方はいかかでしょうか。

節税対策の多くは現金を必要とします。

利益を減らすと税金も減りますが、お金も減ります。
増資を除くと税金を納めた後の利益のみが
純資産の部を厚くし、強い財務体質に会社をしていきます。
必要以上の節税はせず、税金を納めた残りをしっかりと
内部留保することが大切ではないでしょうか。

何のために事業をしているのか
というところにボタンをしっかりと掛け
公私混同をせずに、本業で稼ぐことに集中し
その成果で報酬をしっかりととるというのが
良い在り方ではないかと思います。

7月14日 小島 豊弘
中小企業に夢と感動の経営を!
最新のブログ記事
18.11.20
18.11.15
18.11.13

過去の記事

pagetop