blog_top
中京会計では、スタッフ全員で毎日ブログを更新しています!
それぞれの成長記録でもあり、
お客様に私たちをより知っていただくためのメッセージでもあります。

18.12.11   
その他
   社長の責任

“ワンマン経営” という単語から皆さんはどのような社長像を連想しますか?
「自分勝手」 「会社の未来を考えていない」などといった、
マイナスのイメージが浮かんでくる方が多いのではないでしょうか。

私もあまり良いイメージで使われる言葉ではないと思っていました。
しかし、本日の朝勉強会で「ワンマン経営は決して悪いことではない」という話がありました。

どういうことなのか初めは理解できなかったのですが、
「中小企業は社長次第でどうにでもなる。
社員の意見を聞いたうえで、社長の責任において会社の今後のすべてを決めることができる」
と所長が詳しく話をして下さいました。

大企業と異なり、中小企業のほとんどが社長=オーナー(株主)なのではないでしょうか。
その強みは社長の意思決定がそのまま会社の方針になるということです。
社長の責任において会社の今後を決定することができるのです。

すべてを決めることができますが、同時に大きな責任がかかってきます。
社長は会社のトップとして、常に大きな責任を背負っているのです。

大前提として、会社が継続していくためには利益をだすことが大切です。
しかし社長が一人でがんばっても限界があります。
なので会社にはそこで一緒に働く仲間がいるのではないでしょうか。


私は普段、パソコンの画面や資料と向き合ってほぼ一日が過ぎてしまいます。
しかし、会社内には同じく働く仲間がいます。
助け合って仕事をしている自覚をきちんともって毎日過ごしたいと思います。



12月11日 石川夏奈
中小企業に夢と感動の経営を!

お問い合わせフォームへ
最新のブログ記事
19.11.11
19.11.05

過去の記事

pagetop